Google AdSense(グーグルアドセンス)審査にブログ開設1週間(7日間)で受かった方法。記事数7記事。

GoogleAdSense(グーグルアドセンス)

スポンサーリンク



こんにちは!グッチです!

ブログをみると、ブログ内に広告を貼っていることを目にすると思います。これってどうやるんだろう?と思ったことはないでしょうか?疑問に思い、調べてみることにしました。その結果Google AdSense(グーグルアドセンス)というものがあり、審査を受け、合格した方がこれを使用できるということでした。

なるほど!やるしかありませんよね!

Google AdSense(グーグルアドセンス)の審査期間や記事数、記事の内容については多くのブログなどで紹介がありましたが、私にとっては、それよりもブログの運営期間が知りたかったです。これについてあまり説明されていることがなかったので、私の実際の経験で「Google AdSense(グーグルアドセンス)審査にブログ開設1週間(7日間)で受かった方法。記事数7記事。」を紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

Google AdSense(グーグルアドセンス)を申込んだきっかけ

ノマドワーク、在宅ワーク、副業などで本格的に稼ごう!おこずかい稼ぎしよう!と考えたことがあると思います。

私は、この情報があふれ、スマホや携帯で殆どの疑問が解決できる時代に、ただ、真面目に仕事をこなし、毎月、同じような給料を貰うことに疑問を感じていました。この給料って、毎年少しずつ上がる人もいれば、据え置きの人もいる。家族を持っている人は、子供達の成長につれて教育費などでも費用負担が増える。でも、給料は上がらない。毎日、お金に心配して生活するのは嫌だ!

これからの時代は、自らが、情報発信をしていき、そこで信用を得られ、その信用の対価としてお金を稼ぐ時代だ!自らの手でお金を生み出すんだ!と思ってブログで稼ぐことを見つけました。

私がブログを始めて最初に行ったのは、Google AdSense(グーグルアドセンス)審査を受け、広告を貼れるように許可を頂く必要がありました。

ブログの運営期間、審査期間、記事数など

ブログを開始するにあたって有料サーバー契約したり、初期設定に時間はかかりましたが、なんとか終了し、ブログ運営が始まりました。

ネットで調べると、4記事で審査が受かった、13記事で受かった、審査を申し込んでから3時間で結果がきた、3日かかった、2週間かかった等のコメントが多くありました。

思い立ったらすぐに行動したい私は、これらのことよりも、ブログ開設して間もない人がGoogle AdSense(グーグルアドセンス)審査に受かるのだろうか?ということだけが疑問でした。

そこで、私なりに考えてみました・・・思い立ったら行動してしまう自分・・・。

だったら自分が試してみれば良いではないか!

と思い、審査に受かる為の考察をしました。

ブログ開設期間の目安は2週間〜1ヶ月だから・・・そんなに待てない!どんなに待っても1週間(7日間)

記事数の目安は4〜13記事、毎日書いたなどたくさんあるなぁ・・・先ずは毎日1記事、7記事書いてみよう!

本当は、ブログ運営1〜2日で5〜6記事投稿し、審査申請したかったのですが、ブログの記事内容も、見て頂ける方に本当に伝えたかった内容でしたので、1日1記事を目安に作成することにしました。

審査期間はGoogleが審査するのでGoogleにお任せです。審査には3日程かかりますという案内があったので、審査する側の業務量や専門性の高い内容、信頼性があるのか?などにもよるのかな?とお思いました。

実際に申請してみた

すぐに行動してしまう性格の私には、この1週間が本当に待ち遠しかったです。

結果は、1回で審査に受かりました!

1日1記事、丁寧に、読んでくださる方に役立って欲しいと本当に思い、真剣に作成しました。

実際、私が投稿した内容は、営業に関わる方向けの内容でしたが、どこぞの企業の方、マナー講師が作成した内容よりも、現場で本当に働いている今の

自分だから書けたものであり、すぐに実践できる内容

にしました。

本当は、これからがスタートだったのですが、本当に嬉しかったです。

まとめ

ブログ開設期間:7日間

記事数:7記事(記事内容は専門性が高かったかもしれません)

審査期間:約1日(夜中に申請したので、実際には半日くらいでしょうか)

これらのことから、Googleの審査に受かる方法は、しっかりと記事を書き、相手の役にちゃんと立っているかを問われているのではないかと思いました。その為、ブログ開設期間はそこまで気にしなくて良いのかもしれません。実際に1週間(7日間)で受かった私がいるのですから。受かったあかつきにはGoogleに認めてもらったということを誇りに思い、執筆活動をしていきましょう!

この記事があなたにとって少しでもお役に立てたら幸いです。

今回は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました