【2019年夏】富士まつりの開催日時と場所と駐車場と屋台とトイレとゴミ捨て場所と持ち物。

静岡県 花火 夏まつり 穴場 スポット

スポンサーリンク



こんにちは!グッチと申します!

富士市で開催される夏祭り、「富士まつり」は毎年大勢の方が来られる人気のお祭りです。そこで今回は、「【2019年夏】富士まつりの開催日時と場所と駐車場と屋台とトイレとゴミ捨て場所と持ち物。」をご紹介させて頂きます。

富士まつり

静岡県の富士市で開催される「富士まつり」です。

「市民一人一人が主役」をキャッチフレーズに、富士市民総出で楽しむ夏の一大イベントであり、昔は、2日間の開催でしたが、現在は、1日のみの開催となっております。その為、イベントがギュッとされており、どのイベントに参加するかをしっかりと見極めて参加した方が良さそうです。

今年は、花火大会をYouTubeで放送したり、出会いの場所を用意したりと工夫がされております。

富士まつり実行委員会様が主催しており、富士市ホームページ(富士じかんにて詳細が載っております。

引用:富士市ホームページ(富士じかん)

日時や場所について

日時:7月28日(日)午前11時から午後8時50分まで

※雨天時は中止となります。

場所:ロゼシアター、中央公園および中央公園前青葉通り(富士市永田町2丁目)

花火大会:19時40分~20時40分(約4,000発)

※雨天時は7月29日(月)に花火大会のみ開催されます。

駐車場は?

お祭り(花火大会)で困るのが、駐車場だと思います。

富士まつりでは、街中で開催される為、なかなか駐車場の確保も難しいですが、富士まつり実行委員会からの駐車場案内があります。

引用:富士まつりチラシ

近隣駐車場はユニプレスの駐車場(徒歩圏内)ですが、直ぐに一杯になってしまいます。その為、少し離れた場所に無料シャトルバスの出る駐車場(ふじさんめっせ、岳南富士地方卸売市場、ジャトコ)が用意されています。

毎年、会場近くのお店や病院駐車場に駐車される方が多く、この日はお店の方々や警備員の方が目を光らせていますので、しっかりとマナーを守って利用しましょう。

スポンサーリンク

屋台について

屋台:午前11時から午後8時50分まで

沢山の屋台が出ており、中央公園内の露店(午後4時〜午後8時40分)もあります。

トイレやゴミ捨てについて

引用:富士まつりチラシ

多くの方が来られますので、トイレの設置場所も用意されております。場所によってはかなり混み合うところもありますのでご注意ください。一般的にまつり会場から離れた場所ほど空いています。

また、ゴミ捨ての場所ですが、比較的まんべんなく設置されておりますので持ち帰る必要はなかったです。ですが、分別に協力するのはマナーですので、しっかりと分別をしましょう。

休憩スペースについて

飲食、休憩スペースは、公園内に広い空き地がありますので、そこで、シートを引いたり、イスやテーブルを持ち込んで、皆さんゆっくりされております。こちらも比較的早く場所取りをされています。公園からは間近に花火を見れるスペースと少し離れて花火を見れるスペースと別れておりますので、お好きな方で場所取りをお願いします。

花火から近すぎると、風向きによっては花火の灰が落ちてきますので要注意です。

そのくらい間近で見れるということです!

小さなお子様はビックリしちゃうので場所取りは十分気をつけてくださいね。

花火は潤井川沿いで行われますので、川沿いの少し離れた場所からゆっくり見られている方もおります。(車が通れないので安全です)

持ち物

公園内で場所取りされる方は、

・シートは必須

芝生や土の広場なので、前日に雨が降っていたりすると濡れてしまい、座れませんし、場所取りに必須ですのでビニール製のものをオススメします。

・イス、テーブル

こちらは任意になりますが、可能であれば持ち込んでおくと良いです。アリが多かったので、気にされる方は持参された方が良いです。

・ウェットティッシュ、飲み物

場所取りをすればこれらはシートの上に置いておけば良いのであった方が良いです。

慣れている地元の方々を見ると、クーラーボックスに飲み物を入れて持ち込んでいました。

確かに、飲み物も屋台で売っていますが、お祭り価格で高いのでおすすめですね。街中ですので近くに自販機もあります。

まとめ

大きな規模の花火大会になりますので、歓声もあったりして、雰囲気も良いです。

毎年、来場者数が増えている気もしますが、それだけ良いということです!

この記事があなたにとって少しでもお役に立てたら幸いです。

今回は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました