本当の情報はお金を出して手に入れろ。無料の時代は終わった。

自己啓発

スポンサーリンク



こんにちは!グッチです!

新聞や、TVで様々な情報を得る事ができますし、インターネットの普及で、たくさんの情報が気軽に調べられる時代になりました。

情報で溢れている状態でもあり、果たして、それが、本当の情報か?偽りの情報か?何が本当で、何が嘘なのかを見極める必要があります。

情報は非常に価値があります。ですが、よく考えてみましょう。

タダで得られる情報というのは、スポンサーがバックについている為、ある程度のフィルターがかかっています。つまり、都合の悪い内容は情報公開されないか、うまく表現を変えて、私達に違った認識をするように公開されているかもしれません。だったら、この情報で溢れかえっている環境で、本当の情報はどうしたら得られるのでしょう?無料の時代は終わったのかもしれません。

そこで、今回は、「本当の情報はお金を出して手に入れろ。無料の時代は終わった。」をご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

情報について頭の整理をしてみる

情報は非常に価値があるのはいうまでもありません。知っていると、知らないのでは、人生にも大きく作用してきます。ですが、自身にとって、それが本当に必要な情報なのか、本当に信じて良い情報なのかを自分で見極め、整理する必要があります。

例えば、テレビで有名人のAがBを訴えた。という内容を取り上げたとします。その中で、Bがあたかも悪者扱いされ、報道されていました。そういった内容が連日報道され続け、コメンテーターというよく分からない人達もそれに火を点けるかのようにバッシングします。ですが、いつの間にかその内容は報道されなくなります。その後、AとBがどうなったのか分からないままです。ですが、大体の推測はつきます。実際は、Bの方が正しく、裁判でBが勝ったのでしょう。つまり、都合の悪い内容はこのように報道しません。私達も、次の違った報道内容を紹介される為、AとBの事はすっかり忘れてしまいます。Bはとてつもない迷惑を受けましたが、メディアからの謝罪はないでしょう。

メディアの報道を鵜呑みにし、勝手にBが悪いと判断してしまう私達にも責任がありますでしょうし、全くの他人であるAとBの問題について、とやかく言う必要もないと思います。

そもそも、その情報って、興味は持つかもしれませんが、分の人生に何のメリットがあるのでしょうか?

新聞やTVなどのマスメディアはスポンサーが付きますから、当然、フィルターがたくさんあり、スポンサーの不利益になる内容は報道できません。これもビジネスです。その為、私達は、情報が偏ったりするのは当たり前だと知っておく必要があります。

インターネットは無料とスピードの速さで情報が得られると言うメリットもありますが、フィルターがない為、嘘の情報が非常に多いので気をつける必要があります。

多くの人が言っていることを、正しい事だと思ってしまうように私達の脳はできています。

間違った事が真実として受け止めてしまわないようにしましょう。

信頼できる情報源を探してみる

上記でも述べたようにインターネット、マスメディアは情報をお金に変える為の仕組みが成り立っています。その為、インターネットは嘘の情報が多く、マスメディアはスポンサーの不利益にならないようにビジネス化されています。

私が、最も信頼している情報源は、本を読む事です。

著者や出版社は、自身のブランドを落とさないよう、ある一定のフィルターをかけて、間違った情報をなるべく少なくして、伝えようとしています。

たくさんの本を読む事で、インターネットやマスメディアの情報を本当かどうか見極める判断力がついてきます。なぜ、こういった内容になるのかを考えられるようになります。

また、多くの本を読む事で、内容や過程は違えど、最後に結論として言っている内容は一緒ではないか。という発見をする事ができます。つまり、これが本当の情報なのだろう!と言う確信になります。

最近、私が見ているニュースサイトもご紹介させていただきます。

それは、NewsPicksです。他にも有料サイトはありますが、私個人として信頼しているサイトなので紹介させて頂きました。元々は、落合陽一さんの考え方が好きで、それにつられるまま見るようになったのですが、非常に学べるものが多いです。

NewsPicks | 経済を、もっとおもしろく。
「経済を、もっとおもしろく。」ビジネスパーソンや就活生必携のソーシャル経済メディア。国内外の最先端の経済ニュースを厳選。専門家や著名人の解説コメントでニュースがわかる。

まとめ

本、有料のニュースサイトを紹介させて頂きましたが、どちらも有料の情報ですね。ですが、それぞれ、家計を圧迫するほどの金額では無いと思います。無料の時代は終わり、本当の情報はお金を出して手に入れる時代になっています。

この記事があなたにとって少しでもお役に立てたら幸いです。

今回は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました