アナ雪2の主題歌は誰?時代設定とモデルになった場所も調査!

映画

スポンサーリンク



こんにちは!グッチです!

世界中で大ヒットを記録し、日本でも大ヒットとなった映画「アナと雪の女王」の続編として、いよいよ「アナと雪の女王2」が2019年11月22日(金)に公開されますね!

アナ雪といえば、ディズニー映画史上初のダブルヒロインで、「真実の愛」を描いた作品であり、世界で最後の公開国だった日本では、2013年7月から少しずつ、物語の内容やエルサ(イディナ・メンゼル)が「レット・イット・ゴー」を歌う本編の特別映像が流されるようになり、2014年2月には日本語吹き替えのエルサ役の「松たか子」が歌う日本語版の映像も公開され、大きな話題となりました。

2014年3月14日に劇場公開されると、公開5日目で観客動員100万人を突破し、累計興行収入は254億7,000万円で、日本歴代3位となる記録的な大ヒット。

アナ雪は映画の主題歌も非常に話題になっていたこともあり、主題歌「レット・イット・ゴー」は、日本でも「レリゴー」旋風を巻き起こしておりました。

エルサ役のイディナ・メンゼルが歌う主題歌「レット・イット・ゴー」は、第86回アカデミー賞で歌曲賞を受賞しております。

2019年11月22日(金)に公開されるアナ雪2でも、同じく、主題歌が話題を呼んでおります!

アナ雪2の主題歌も気になるけど、それを歌うのは誰なのかな?

ところで、アナ雪っていつの時代設定なのだろう?

モデルとなった場所はあるのかな?

と疑問に思う方もいらっしゃると思います。

そこで、今回は「アナ雪2の主題歌は誰?時代設定とモデルになった場所も調査!」と題して、アナ雪2の主題歌は誰なのか?そして、アナ雪の時代設定とモデルになった場所もご紹介させて頂きます!

スポンサーリンク

アナ雪2の主題歌は誰?

映画「アナと雪の女王」ではエルサ役の「イディナ・メンゼル」、日本語吹き替えは「松たか子」、「May J.」が主題歌「レット・イット・ゴー」を歌っておりました。

アナ雪2でも、エルサ役は「イディナ・メンゼル」、日本語吹き替えは「松たか子」が決定しておりますので、アナ雪2の主題歌でも「イディナ・メンゼル」、日本語版では「松たか子」が歌うのが、ほぼ確定しております。

その理由は後ほどご紹介いたします!

また、「May J.」もアナ雪の主題歌「レット・イット・ゴー」を歌っておりましたが、現在のディズニー音楽のレーベルはエイベックスから、ユニバーサルミュージックになっておりますので、アナ雪2の主題歌を「May J.」が歌う確率は低そうです。

もしかすると、今回は日本語版では「松たか子」のみが主題歌を歌うかもしれませんね。

2019年11月22日(金)公開のアナ雪2の主題歌について、オラフ役の「ジョシュ・ギャッド」が、アメリカの人気トーク番組「ジミー・キンメル・ライブ!」に出演した際に、気になる発言をされています。

「新作の音楽は前作よりもさらに良いって言っちゃってもいいかな?ホントに素晴らしいんだよ。こんなこと言うと、ハードルが上がっちゃうのは分かるけど、本当に良い曲ばかりなんだ。ロバート・ロペスとクリスティン・ロペスが戻ってきて曲を作ってくれたんだ(アナと雪の女王のオリジナル楽曲はこの2人が作詞・作曲しています)!前作の曲を超えられるのだろうかという心配もあったけど、続編の楽曲は前作よりもさらにキャッチーだよ!レコーディングが終わっちゃったのが残念なくらいさ。本当にワクワクするようなものに仕上がっているよ!」
引用:FRONTROWホームページ

と、アナ雪の主題歌「レット・イット・ゴー」を凌ぐと言っても良い、アナ雪2の主題歌の出来具合や、レコーディングがすでに終了していることを明かしております。

主題歌は「イントゥ・ジ・アンノウン」

2019年8月24日(土)にアメリカ・カリフォルニア州アナハイムで開催中の「D23 Expo 2019」内で、「アナと雪の女王2」のプレゼンテーションが行われました。

その中で、エルサが、アナ雪2の主題歌「イントゥ・ジ・アンノウン」を歌う映像が公開されました!

「イントゥ・ジ・アンノウン」は、エルサの複雑な想いを表現した楽曲で、作詞、作曲を手掛けたクリステン・アンダーソン=ロペス、ロバート・ロペスは「エルサは前作で、ありのままの自分になり、みんなに受け入れられました。今作ではそんなエルサにだけ不思議な歌声が聞こえてきます。その時のエルサの心情を表した歌を書くことになりました」と話され、「そのミステリアスな導く声は、エルサ以外誰もこの声を聞くことは出来ないんだ。彼女は怖がっているけど、また同時に惹かれてもいて、冒険したいという彼女の要求を受け入れることを表現しているんだ。」とアナ雪2のポイントも話されております。

もちろん主題歌を歌っていたのは、エルサ役の「イディナ・メンゼル」です。

日本語版のエルサ役は「松たか子」ですから、アナ雪2の主題歌「イントゥ・ジ・アンノウン」を歌うのは「松たか子」で間違いないでしょう!

アナ雪2の時代設定は?

アナ雪は、アンデルセンの童話「雪の女王」が原案だということはご存知でしょうか?

原案との内容は、全く異なりますが、時代設定については、原案の時代に合わせたものなのでしょうか?

映画を見ていると、アナ雪って、おそらく昔の時代設定の映画なんだろうということはわかると思いますが、実際の時代はいつ頃なのか知ってみたいと思いませんか?

ここでは、キャラクターの衣装、歌詞などからアナ雪の時代設定がわかりましたのでご紹介させて頂きます。

1、アナ雪の劇中歌、「雪だるま作ろう」から考察。

この「雪だるま作ろう」に「雪だるま作ろう 自転車に乗ろう ずっと一人でいると」という歌詞があり、「自転車に乗ろう」という部分が気になりますね。
そもそも自転車は1818年にドライス伯爵が発明したのが始まりです。
つまり、1818年以降の時代設定であることは間違いありません。

2、キャラクターの衣装から考察。

アナ雪のキャラクターの衣装については、アナ雪の美術スタッフが「衣装などの時代設定は1940年代としました」という発言をされていることから、衣装については1940年代ということがわかります。
ですが、アナ雪自体の時代設定については明確ではありません。

3、映画の終盤でのラプンツェルの登場から考察。

アナ雪の終盤に、エルサの載冠式で、ラプンツェルの登場が少しだけあります。
このラプンツェルの舞台が1820年代とされていますが、ラプンツェルの映画自体の時代設定も確実に1820年代とは言い切れません。
ですが、ラプンツェルが登場しているのであれば、1820年代に近い時代設定ということがわかります。

4、短編映画「アナと雪の女王 エルサのサプライズ」から考察。

アナ雪の短編映画で、少しだけ出てくるアレンデール王国とサザンアイルズが載った地図があります。
その地図には、「MDCCCXL」という文字が映っています。
これは、ローマ数字であり、年代を表します。
MDCCCXLは1840を表しますので、1840年代の時代設定ということがわかります。
以上の4つの考察から、最も信憑性が高いのが、短編映画「アナと雪の女王 エルサのサプライズ」での考察になります。
その為、アナ雪の時代設定は1840年代で間違いないでしょう!

アナ雪2のモデルになった場所は?

上記では、アナ雪の時代設定についてご紹介させて頂きましたが、では、モデルとなった場所はどこなのか?という疑問も出てきますよね。

ここでは、アナ雪2のモデルとなった場所についてご紹介させて頂きます。

アナ雪の短編映画「アナと雪の女王 エルサのサプライズ」に出てくる地図には、アレンデール王国とサザンアイルズが載っており、アレンデール王国は大きな山脈に囲まれた大国で山脈の奥には大陸が続いていることが予想できます。
結果、北欧ではないか?という予想ができます。

また、アナ雪の作中では、王国の傍に大きな山脈があるという設定で、雪が多く、池から氷を取って商売にしているということから寒い地域という予想もできます。

実際に、アナ雪のスタッフが、製作前にノルウェーを訪れており、山に囲まれた入江の「フィヨルド」がアナ雪の舞台になったことから、モデルとなった場所は、「ノルウェーということが確定しました。

そして、アレンデール王国は、ノルウェー南東部の都市アーレンダールを元にしているのではないか?とも言われております。

実施にモデルとなったノルウェーの場所や服装
・フィヨルドに建つアレンデール城は、ノルウェーの「アーケシュフース城」がモデル。
・エルサの建てたお城はノルウェーの木造教会「スターブ教会」の形状がモデル。
・アレンデール城の建つ、フィヨルドの場所は「ロフォーテン諸島」がモデル。
・アレンデール王国の町並みは、ノルウェーのベルゲンという都市にある「ブリッゲン」という地区がモデル。
・服装やお城の装飾は、ノルウェーのフォークアート「ローズマリング」や民族衣装「ブーナッド」がモデル。

アナ雪のモデルとなった場所として、ノルウェー政府もアナ雪の特設ページを作るなど、国として観光に訪れる方の集客も行なっております。

まとめ

・アナ雪2の主題歌は「イントゥ・ザ・アンノウン」でエルサ役の「イディナ・メンゼル」。

・日本語版の主題歌を歌うのはエルサ役の「松たか子」でほぼ決まり。

・アナ雪2の時代設定は1840年代。

・アナ雪2のモデルとなった場所は、ノルウェー。

→→→「ちなみに新キャラはこちら

アナ雪の主題歌「レット・イット・ゴー」は、第86回アカデミー賞で歌曲賞を受賞ほどの話題になった曲であり、これを超えるとなると、相当ハードルは高くなってしまいますが、オラフ役の「ジョシュ・ギャッド」が太鼓判を押すくらいですので、アナ雪2の主題歌も期待は高いですね!

また、主題歌を歌うエルサ役の「イディナ・メンゼル」、おそらく日本語版で歌う「松たか子」の歌にも期待大ですね!

アナ雪2の時代設定が1840年代で、実際にモデルとなったのが、ノルウェーということで、より一層、アナ雪2に興味が湧いてきたのではないでしょうか?

日米同時公開で、2019年11月22日(金)に上映開始となりますので、是非、映画館に足を運んでみてください!

今回は「アナ雪2の主題歌は誰?時代設定とモデルになった場所も調査!」をご紹介させて頂きました。

少しでも、この記事が、皆様のお役に立てたら幸いです。

最後まで、読んで頂き、有難うございました!

コメント

  1. […] →→→「ちなみに、主題歌についてはこちら」 […]

タイトルとURLをコピーしました