2019年日本平動物園レッサーパンダに赤ちゃん誕生!夜の動物園も開園。

イベント お出かけ

スポンサーリンク



こんにちは!グッチです。

日本平動物園でレッサーパンダの赤ちゃんが生まれたという、おめでたいニュースが入ってきました!

日本平動物園はレッサーパンダの総本山なんです。なぜかというと、日本国内のレッサーパンダの血統登録を登録しているからなんです。

日本で、一斉を風靡した、レッサーパンダの風太くんも、実は静岡県の日本平動物園で生まれたんですよ!

また、期間限定ではありますが、夜間も開園している日があるようでしたので調べてみました。

幼い頃からよく通い、子供達も連れて行った動物園ですが、実は、歴史のある有名な動物園だったことに今更ながら知りました・・・知識不足でごめんなさい。

それでは、「日本平動物園レッサーパンダに赤ちゃん誕生!夜の動物園。」についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

日本平動物園のレッサーパンダ

♀ スミレ(2011年)周南市徳山動物園生まれ、2012年来園
♂ タク(2010年)埼玉県こども動物自然公園生まれ、2012年来園
♀ ホーマー(2012年)シンシナティ動物園(アメリカ)生まれ、2016年来園
♀ ホーリー(2016年)当園生まれ ホーマーとリンゼン(アメリカ在住)の子
♀ ニコ(2017年)当園生まれ ホーマーとタクの子
♂ 縞縞(2015年)旭山動物園生まれ 2017年来園
♂ まるお(2018年)当園生まれ シーとタクの子
♀ まるこ(2018年)当園生まれ シーとタクの子

引用:日本平動物園 https://www.nhdzoo.jp/animals/naka.php?animal_uid=113

日本平動物園のホームページには、現在8頭のレッサーパンダがおり、今回の赤ちゃんは、ホーマー縞縞(ガオガオ)の赤ちゃんとのこと。

日本平動物園では、レッサーパンダの繁殖に力を入れておりました。その努力の結果もあり、今年で7年連続での繁殖成功となっています。

この赤ちゃんは双子で生まれたのですが、もう1頭は残念ながら生後5日ほどで死んでしまったそうです。

順調に育っていけば、9月頃に一般公開される予定です。

赤ちゃんの誕生というのはとてもおめでたいことですし、可愛いレッサーパンダを見に行ってみたいですよね!

きっと混むんだろうなぁと思いつつ、早くも9月の一般公開が待ち遠しいです。

赤ちゃんの写真が下記のリンクから見られます。

静岡市立日本平動物園 on Twitter
“2019.6.20 #シセンレッサーパンダの飼育日誌 を更新しました。 「赤ちゃん、まだ目は開いていない」 #日本平動物園 #レッサーパンダ #nihondairazoo #redpanda”

めずらしい夜の動物園

日本平動物園では、期間限定で夜も開園しております。

本当に期間限定で

日時は2019年の9月7日(土)、9月14日(土)、9月28日(土)、10月5日(土)
17:30~20:30(最終入園19:30)

のみ開園となります。

駐車場は事前申込み制になりますので、なるべく早く申込みしておいた方が良さそうです。

静岡市立 日本平動物園
日本平動物園は静岡県静岡市にある動物園。動物の飼育日記の掲載、ホッキョクグマの様子をライブカメラで発信しています。

まとめ

静岡市にある日本平動物園ですが1969年(昭和44年)8月1日に開園以来、多くの方に親しまれてきました。何より、私も幼い頃からしゅっちゅう連れて行ってもらいましたからね。何度行っても飽きず、家族でお弁当を持ち込んで食べたり、幼稚園の遠足でもきた思い出があります。通算で来場者も3,000万人を超えているようで、本当に応援していきたい動物園です。

入園料も安いのでオススメです!

この記事があなたにとって少しでもお役に立てたら幸いです。

今回は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました