富士宮市民プール2019の混雑と休みと駐車場は?休憩場所と持ち物

イベント お出かけ

スポンサーリンク



こんにちは!グッチです!

今回は、富士宮市にある「富士宮市民プール」のご紹介をしたいと思います。

富士宮市民プールは、その名のとおり、富士宮市が運営するプールで、そのコストパフォーマンスと設備から、県内外から多くの方が遊びに来られます。

屋外の流水プール、幼児プール、子供プール、ウォータースライダー、屋内温水プール(25mプール、子供プール)があり、夏休みの時期は、かなり混雑しております。

そのため、今回は、「富士市民プール2019の混雑と休みと駐車場は?休憩場所と持ち物」についてご紹介させて頂きます。

富士宮市民プール2019の混雑の期間は?

「富士宮市民プール」の運営期間中に一番多く来られるのは、富士宮市やその周辺にお住いの方々、次に、帰省中、旅行宿泊中のファミリーになります。

その為、「富士宮市民プール」は子供達の夏休み期間中の、最初の土曜日の7月27日から最後の日曜日の8月25日辺りまでは、ある程度の混雑が予想されます。

ですが、特に混雑が予想されるのが、
1、お盆期間の8月10日〜8月18日
2、子供達の休み期間中の土日
3、県民の日の8月21日(水)は無料開放

になっております。

基本的に、平日は比較的スムーズに楽しむことができ、当たりの日を引くと、ガラガラの状態を楽しむこともできます。

下記に屋外プールの営業期間、営業時間、入場料を記載しておきますので、参考になさってください。

営業期間:7月2日(火)〜9月1日(日)

営業時間:10:00~17:00

※7月23日(火)〜8月18日(日)の期間中は9:00〜17:00

入場料:大人820円(中学生以上)・子供410円(3歳以上小学生まで)

※更衣室ロッカーは50円

富士宮市民プール2019の休みは?

富士宮市民プールの2019年の休みは、

7月1日(月)、8日(月)、16日(火)、22日(月)

8月5日(月)、19日(月)、26日(月)

がお休みとなっておりますので、間違って行かないように気をつけてくださいね。

そして、悪天候の際には、当然休みになりますので天気の確認をしてから行きましょう!

スポンサーリンク

富士宮市民プール2019の駐車場は?

混雑時期は何処も駐車場に困るものですね。

特に富士宮市民プールはマイカーで来られる方が殆どですので、駐車場情報は必須ですね。
富士宮市民プールの駐車場は166台(無料)。

プールの南側にあります。

満車の場合は、隣接する「市民体育館駐車場」と「市民体育館西側駐車場」も利用可能です。

引用:富士宮市公式ホームページ

できれば、営業開始30分前には駐車場に到着して、入場受付で待っている方が良いです。

殆どの方は、場所取りの為に早く来られており、比較的早く良い場所は埋まってしまいます。

場所取りなど気にされない方はもう少しゆっくり来ても良いかと思います。

繁忙期に場所取りをされる方は営業開始1時間前には到着していた方が良さそうです。

富士宮市民プール2019の休憩場所は?

休憩場所は、

売店横のテーブル

屋根のある場所

プールの周りの空いているスペース

になり、比較的自由に使用できます。

日陰が欲しいとテントを持ち込みたいですよね!

ですが、富士宮市民プールではテントやパラソルの持ち込みは禁止されていますので気をつけましょう。その為、日陰の場所取りが大変です。

富士宮市民プール2019のトイレは?

入場すると、トイレは更衣室の横と、プールにあり和式トイレ数個と洋式トイレが1つずつ。
ベビーベッドが更衣室の外に1つあり、オムツを替えたい場合はこちらを利用するのだと思われます。

持ち物

場所取りをされる方へのおすすめになります。
・レジャーシート

場所取りに使用します。濡れるのでビニール製の方が良いです。

・クーラーボックス

売店や自販機もありますが、口に合わない方もいますし、節約される方もいますので、飲み物や食べ物を持参される方は必須です。
・サンダル

休憩中や移動には必須です。プールサイドの歩道はめちゃくちゃ熱いです。
・浮き輪類

必要な方のみ。コンプレッサーがプール内に設置されていますので膨らませて来なくても大丈夫です。並ぶ場合もあります。

以上、必要最低限の物をご紹介しましたが、
・オムツの外れていないお子さんも、プール用のオムツをすれば入れます。
・貴重品については、休憩スペースに常に、身内の方がいない場合はコインロッカー(有料50円)を必ず使用してください。

まとめ

今回は「富士宮市民プール2019の混雑と休みと駐車場は?休憩場所と持ち物」と題して、2019年の富士宮市民プールの混雑、休み、駐車場、休憩場所、持ち物についてご紹介させて頂きました。

夏に富士宮市民プールを利用される方は、殆どが、屋外プールの利用になると思います。
私は、場所取りも必要であった為、自宅から着替えて行き、営業開始30分前には到着し、券売機でチケット購入(5千円、1万円は使用不可)し、入場受付の列に並んでプールを楽しみました。

大体は、午前中で変えることが多く、お昼は富士宮市街地で食事をすることが多かったです。

午前中や午後の数時間だけでも十分に楽しめるプールですので、ぜひ、遊びに行ってみてください!

この記事があなたにとって少しでもお役に立てたら幸いです。

今回は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました