【2019年夏】ふじかわ夏まつりの開催日時と場所と駐車場と屋台とトイレとゴミ捨て場所と持ち物。

イベント お出かけ

スポンサーリンク



こんにちは!グッチと申します!

私の地元、静岡県内で開催された花火大会でここが良かった!と感じた花火大会は「ふじかわ夏まつり」です。そこで今回は、「【2019年夏】ふじかわ夏まつりの開催日時と場所と駐車場と屋台とトイレとゴミ捨て場所と持ち物。」をご紹介させて頂きます。

ふじかわ夏まつり

静岡県の富士市で開催される「ふじかわ夏まつり」です。

富士川流域地区の活性化と郷土愛を育むことを目的に始まったお祭りのようで、今年で31回目になります。規模としては他の花火大会に比べて小さいのかもしれませんが、富士川地区にお住いの方には抽選券が配られたり、富士市長も挨拶に来られたりと、しっかりしたお祭りになっております。

私は、ぶらりと立ち寄り、富士川地区には住んでいませんでしたので抽選会には参加でいませんでしたが、それなりに抽選の商品も良さそうでした。

ふじかわ夏まつり実行委員会(0545-81-1280)様が主催しており、富士市ホームページにて詳細が載っております。ご参考にしてください。

第31回ふじかわ夏まつりチラシ

スポンサーリンク

日時や場所について

日時:8月3日(土)17:00〜

※雨天時は翌日4日(日)開催

場所:富士川河川敷憩いの広場

幼稚園児の演奏があったり、盆踊り大会があったりと楽しかったです。
花火大会は20時00分〜となっており、打ち上げ時間は30分ほどが目安で、お祭り自体は、21時頃の終了を目安にしています。

駐車場は?

お祭り(花火大会)で困るのが、駐車場だと思います。
ふじかわ花火大会では、富士川河川敷で開催される為、しっかりと駐車場があります。

ですが、駐車場には限りがあります(約1,500台)ので、少し早めに来る方が良いかもしれません。会場から近くの駐車場を確保するには、16時30分頃を目指して来られると、スムーズに駐車でき、場所取りができます。その分、帰りは道路の関係上(出口に近いのが、後から来られた方なので、その方達の方が先に帰れます)、最後の方になってしまいますので注意してください。
JR東海道線の富士川駅からも徒歩10分程の場所にある為、電車でも良いと思います。

屋台について

地元の企業なども出店しており、屋台の数は約30店舗ありました。

十分な規模だと思います。

また、金額は一般の屋台よりも若干安くなっております

飲食店が中心ですが、子供たちに人気のくじ引きや、おもちゃの販売もあり、子連れの家族にもおすすめです。

かき氷300円のお店もあれば、200円のお店があったり、焼きそば400円のお店もあれば、300円のお店もあります。何が違うのかをよく見定めて購入しましょう!

私は、毎年、もつ煮を購入しております!

トイレやゴミ捨てについて

河川敷で開催する為、河川敷にあるトイレの他に、仮設トイレもたくさん用意されております。トイレの設置場所によっては混み合うところも当然あります。女性用トイレの方を多めに設置してありますので、女性は安心できますね!

また、ゴミ捨ての場所ですが、屋台の付近にゴミ回収の場所がしっかりと設置されておりますので持ち帰る必要はなかったです。ですが、分別に協力するのはマナーですので、しっかりと分別をしましょう。

休憩スペースについて

飲食、休憩スペースは設置されておりませんが、屋台の両サイドに広い空き地がありますので、そこで、シートを引いたり、イスやテーブルを持ち込んで、皆さんゆっくりされております。間近に花火を見れるスペースと少し離れて花火を見れるスペースと別れておりますので、お好きな方で場所取りをお願いします。

花火から近すぎると、風向きによっては花火の灰が落ちてきますので要注意です。

そのくらい間近で見れるということです!

小さなお子様はビックリしちゃうので場所取りは十分気をつけてくださいね。

持ち物

飲食、休憩スペースの設置がなく、屋台の両サイドの広場で飲食、休憩をすることになりますので
・シートは必須

芝生や土の広場なので、前日に雨が降っていたりすると濡れてしまい、座れません。また、場所取りにも使いますので絶対に持ち込んだ方が良いです。もし、シートを固定するペグがあるのでしたら持ち込んだ方が良いです。風でシートがめくれてしまうこともあります。
・イス、テーブル

こちらは任意になりますが、可能であれば持ち込んでおくと良いです。アリが多かったので、気にされる方は持参された方が良いです。
・ウェットティッシュ、飲み物

場所取りをすればこれらはシートの上に置いておけば良いのであった方が良いです。

慣れている地元の方々を見ると、クーラーボックスに飲み物を入れて持ち込んでいました。

確かに、飲み物も屋台で売っていますが、お祭り価格なのでおすすめですね。

まとめ

大きな規模の花火大会も良いですが、こういった穴場の花火大会も良いものです。

毎年、来場者数が増えている気もしますが、それだけ良いということです!

この記事があなたにとって少しでもお役に立てたら幸いです。

今回は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました