超福祉展2019年の事前予約申込や会場での撮影は可能?口コミも!

イベント お出かけ

スポンサーリンク



こんにちは!グッチです!

今年もいよいよ、超福祉展が開催されますね!

2019年9月3日(火)〜2019年9月9日(月)11:00〜20:00の期間で開催される超福祉展ですが、2014年11月に第1回が開催されて以降、毎年、非常に多くの方が来場されています。

年々、来場者数も増え、昨年は57,800人の方が来場されております。

超福祉展の正式名称は「2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」です。

福祉そのものに対する「心のバリア」を取り除こうとメイン会場となる渋谷ヒカリエを中心に開催を続けている展示会です。

福祉用具の進化はここ数年、機能性、デザイン性など、目覚ましい進化を遂げておりますが、実際に使用されている福祉用具は、昔から一般的に使用されているものばかりです。

そういった面からも「心のバリア」は生まれているのだと思います。

超福祉展では、思わず「カッコイイ」「カワイイ」と使ってみたくなるようなデザイン、大きなイノベーションを期待させてくれる「ヤバイ」テクノロジーを備えたプロダクトの展示や体験に加えて、従来の福祉の枠に収まらない魅力的なプレゼンターたちが登場するシンポジウムや多彩なワークショップなどの、さまざまな企画を展開しております。

では、年々来場者が増え、話題となっている「超福祉展(2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展)」で開催されるシンポジウムやワークショップ、体験ツアーなどには、どうやったら参加できるのでしょうか?事前予約申込は必要なのでしょうか?

また、「カッコイイ」「カワイイ」と使ってみたくなるようなデザイン、大きなイノベーションを期待させてくれる「ヤバイ」テクノロジーを備えたプロダクトの展示場では、撮影は可能なのでしょうか?

超福祉展に来場された方達の口コミも気になるところです。

そこで、今回は、「超福祉展2019年の事前予約申込や撮影は可能?口コミも!」と題して、2019年に開催される、超福祉展(2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展)のシンポジウムやイベント、ワークショップなどへの参加には、事前予約申込が必要なのか?そして、「ヤバイ」テクノロジーを備えたプロダクトの展示場では、撮影は可能なのか?今までに、超福祉展に来場された方達の口コミも含めてご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

超福祉展2019年の事前予約申込みは?

2019年9月3日(火)〜2019年9月9日(月)11:00〜20:00の期間で開催される超福祉展では、従来の福祉の枠に収まらない魅力的なプレゼンターたちが登場するシンポジウムや多彩なワークショップなどの、さまざまな企画が用意されております。

ここでは、シンポジウムやワークショップ、体験ツアーなどへの参加には、事前予約申込が必要なのか?をご紹介させていただきます。

シンポジウムは事前予約申込制?

超福祉展の開催期間の2019年9月3日(火)〜2019年9月9日(月)11:00〜20:00のほぼ毎日、シンポジウムが開かれております。

このシンポジウムでは、一部座席の事前予約申込ができます。

既に8月23日より事前予約申込が受付が始まっていますので、予約が埋まってしまっているシンポジウムもあります。

ですが、当日の座席も用意されていたり、立見可能なスペースも用意されていますので参加は可能です。

ワークショップは事前予約申込制?

超福祉展のワークショップは「超福祉の学校2019~障害の有無をこえて共に学び、つくる共生社会フォーラム~」というテーマで開催されます。

各プログラム、体験実習コンテンツへの参加は事前申込が必要となっており、申込受付は、8月7日(水曜日)〜9月3日(火曜日)までの先着順。

参加したいプログラムを選んで申込ができます。

プログラムによって参加できる定員が異なります。

必ず事前に申込し、参加した方が良いです。

既に8月7日より事前予約申込が受付が始まっていますので、一部、定員に達してしまっているプログラムもあります。

※当日も定員に空きがあれば参加可能のようです。また、見学も可能です。

体験ツアーは事前予約申込制?

超福祉展の開催期間中には、以下のような体験ツアーが開催されております。

モビリティで渋谷の街中をめぐる「モビリティツアー

音で体験を拡張していく「SARF(音声ARタイムトラベル)

モビリティの自動運転を体験出来る「クラウドAI × WHILL」

忍者型ロボット「NIN_NIN」を利用した「ボディシェアリングツアー

 体験ツアーとして開催される「クラウドAI × WHILL」以外は事前予約申込が必要になります。

また、超人スポーツ体験会として

ドリフト走行等のテクニックで競い合う車椅子レース「スライドリフト体験会」

GooNは、超福祉スポーツとして開発された、身体融合型の拡張器具「ゴーンボール体験会」

パラ陸上のレースで使用される、車イスレーサーを未来型にデザイン。VRを装着し、AD2100年のTOKYOを走り抜ける「サイバーウィル体験会」

Space Bouncersと呼ばれるプラットフォームでのエクサゲーム(身体的運動を伴うビデオゲーム)「Kinix体験会」

も開催されます。

この超人スポーツ体験会は、事前予約はなく、全競技当日会場にて受付となります。

また、受付の際に、同意書へのご記入と保険代実費として200円が必要になります。

超福祉展2019年の会場での撮影は可能?

超福祉展での会場内の撮影は、可能となっており、写真や動画を撮影して、SNS等で「#超福祉展」で発信をお願いしているくらいです。

より多くの方に、福祉そのものに対する「心のバリア」を取り除こうという考えですので、ご来場された皆さんは、撮影してSNSで発信をしてください!

ここで、超福祉展の基本情報をご紹介させて頂きます。

超福祉展基本情報
名称:2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展
開催期間:2019/9/3(火)〜2019/9/9(月) 11:00-20:00
開催場所:渋谷ヒカリエ8階 8/ COURT・CUBEハチ公前広場(9/7)、渋谷キャストスペース(9/7-8)ほか渋谷区内各所にて開催
入場料:無料(一部保険代実費として200円が必要)

超福祉展の口コミ

超福祉展の超福祉とは、そもそもどのような定義なのでしょうか?

超福祉とは
一人ひとりの心の中に存在する、障害者をはじめとしたマイノリティや福祉に対する「負い目」にも似た「意識のバリア」。
“超福祉”の視点では、従来の福祉のイメージ、「ゼロ以下のマイナスである『かわいそうな人たち』をゼロに引き上げようとする」のではなく、全員がゼロ以上の地点にいて、混ざり合っていることを当たり前と考えます。ハンディキャップがある人=障害者が、健常者よりも「カッコイイ」「カワイイ」「ヤバイ」と憧れられるような未来を目指し、「意識のバリア」を「憧れ」へ転換させる心のバリアフリー、意識のイノベーションを“超福祉”と定義します。
引用:超福祉展公式ホームページ

超福祉展は、私たちの中にある障害者へのイメージを変える非常に大事なマインドセットの機会だと思います。

それでは口コミ紹介をさせて頂きます。

橋本ゆき@渋谷区議会議員 on Twitter
“本日9/3-9/9まで 渋谷ヒカリエ8階をメイン会場に 超福祉展やってます!!! 子育てや教育、福祉、遊び、 様々なジャンルのニューウェーブが見れます👀💓💓 仮面女子時代からお付き合いのある電通大さんのロボットちゃんも展示されてたり、 私自身も展示の中にいます!笑 見つけてみてください🕺✨✨”

口コミを見ると、

「テクノロジーがバリアを超える時代が来る。」

「ただただ、一緒に話をするだけでも分かり合える。」

「新しいスポーツの見方が生まれそう」

などのコメントもあり、考え方が変わる何かが、この超福祉展にはありそうです!

今、私が注目している車椅子について下記にご紹介させて頂きます。

福祉施設の介護職員不足は悪化するばかりです。

賃金の問題や責任の大きさも影響があると思いますが、精神的負担に加え、身体的負担も非常に大きいです。

福祉用具の営業の方や開発の方は、現場の意見をもっともっと聴いて欲しいです。

まとめ

・シンポジウムでは、一部座席の事前予約申込ができる
・ワークショップ体験実習コンテンツへの参加は事前申込が必要
・体験ツアー「モビリティツアー」、「SARF(音声ARタイムトラベル)」、「クラウドAI × WHILL」、「ボディシェアリングツアー」の「クラウドAI × WHILL」以外は事前予約申込が必要
・入場料は無料ですが、超人スポーツ体験会などに参加の場合は、保険代実費として200円かかる。
・「テクノロジーがバリアを超える時代が来る。」考え方が変わる何かが、この超福祉展にはありそう。
福祉そのものに対する「心のバリア」を取り除こうというコンセプトで、皆さんに、福祉に対するマインドセットを呼びかけている活動に、非常に心惹かれます。
ひとりひとりが小さな力しか持っていなくても、みんなが集まれば大きな力になります!
ぜひ、超福祉展(2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展)に足を運んでみてください。
今回は、「超福祉展2019年の事前予約申込や撮影は可能?口コミも!」と題して、2019年に開催される、超福祉展(2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展)のシンポジウムやイベント、ワークショップなどへの参加には、事前予約申込が必要なのか?そして、「ヤバイ」テクノロジーを備えたプロダクトの展示場では、撮影は可能なのか?今までに、超福祉展に来場された方達の口コミも含めてご紹介させていただきました。
この記事が、少しでも皆さんのお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました