営業職で不振からの脱却方法!売れる営業へ!現役トップ営業がご紹介!

売れる営業の教科書

スポンサーリンク



こんにちは!グッチと申します!

前回の笑顔で契約を勝ち取れる続いて、今回はうまくいかないときの脱却方法についてご紹介させていただきます!

誰にでも、壁に行き詰まるときはあります。それを乗り越えられた時には、更なる成功があります。

挫折してしまう人と成功していく人の違いは何が違うのかを考えてみました。

ちょっとこの記事を読んで、今からできそうな事を少しずつ行い、自身と自信をアップデートしていきませんか?

この記事では、壁にぶち当たったときの、挫折する人、成功する人の違いと、落ちてしまった気分をどうやって乗り越えるのかについて、私の実体験を踏まえてご紹介していきたいと思います。

挫折する人、成功する人の違い

全ては、ポジティブな考え方にあると思います。自身に起きた不幸な事を前向きに考える事です。成功している人は、自分にある限られた時間を有効に使い、チャンスを逃さずチャレンジをしています。営業の世界も弱肉強食は存在していると思います。凄腕の営業マン(食物連鎖の頂点)に今日、営業マンになった人は勝てるわけがありません。ですが、いずれは、この新人営業マンもトップ営業になるかもしれません。生き残り方を習得しているかで大きく運命は変わるでしょう。

・諦めない。

・前に進み続ける。

・ポジティブに笑顔で。

壁にぶち当たっても、笑顔で、姿勢良く胸を張って仕事をする。しかめっ面でうつむき姿勢で仕事をする。のとでは、全く違う成果が出るのは分かりきった事ですよね!

スポンサーリンク

落ちてしまった気分を復活させる方法

ポジティブにポジティブにと、自分をコントロールしていくすべを見つけ出すのは、なかなか難しいのかもしれません。最近、全然成約できない。失敗ばかり。そう思い始めると、どんどん気持ちも憂鬱になり、笑う事なんてできない。と自己暗示していってしまいます。

私なりに実践したことについて書かさせて頂きます。

1、海に向かって大声で「バカヤロー!」

結局、自分の問題は自分でないと乗り越えるのは難しい。他人からのアドバイスがきっかけとなり乗り越えられるが、それはきっかけに過ぎない。乗り越えたのは自分だからです。気分が落ちてしまうと黙りこんでしまいます。その逆をやればいいんです。私は、海に行き、海に向かって大声で「バカヤロー!」と叫んで気持ちを楽にしています。掛け声はなんでも良いです(笑)。ポイントはなるべく人がいない状況で、波の音と同時に叫ぶことです。変な人扱いされますし、びっくりしちゃいますからね!かなりスッキリするのでオススメです。

2、営業の仕事はなんなのかを考える

会社のためなのか?上司のためなのか?自分自身のためなのか?お客様のためなのか?

私は、

「自分の仕事は、お客様(他人)の人生を楽しくする手伝いができること」

と言い聞かせていました。商談の時間はお客様は自分の為に時間をくださっている。自分の一度きりの人生の時間を自分に託してくれていると思うと、なんて嬉しいことなんだろう!この時間を大切にしようと思えてきます。自分も嬉しいので、お客様に対して心から笑顔になれると思いませんか?

3、積極的に話しかけてみる

仕事で壁に行き詰まると、ほっといて欲しいと思い、黙り込む。あわよくば、その雰囲気に気付いてくれた人が、心配して話しかけてくれる。待ってました!とばかりに気持ちを爆発させる。世の中、そんな事ばかりではありませんよね。待っててもほぼ、そんな時はきません。皆んな自分のことで忙しいでしょうし、そういった関わりを持つことを嫌う方が多いと思います。だったら、明るく、積極的に自分から話しかければいいんです。

「最近、成約取れなくてさぁ、何がダメなんだろう?こういったアプローチしてるんだけど、どうかな?今、どんな感じで営業してるの?」など、業績の良いライバルに話しかけてみるのもいいでしょう。ここでは、答えを求めなくていいと思います。教えてくれたり、相談に乗ってくれたりしたら、ラッキーですので、自分に時間を割いてくれたことの感謝を笑顔で相手に伝えましょう。教えてくれなくても、いろんな人に明るく話しかけることで、自分自身の気持ちを明るくしているのが目的なので次の人に明るく話しかけていきましょう!苦手な相手でも、遠慮しなくていいと思います。

まとめ

人生が思い通りにいかないのは、皆さん分かっていると思います。だからこそ面白いですし、こういった苦難を乗り越えたときの思い出で、自分の人生って良かったなぁと感謝できる日が来るのだと思います。

是非、本日から実践してみてください。

この記事があなたにとって少しでもお役に立てたら幸いです。

今回は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました