営業職の必須アイテム!売れる営業へ!現役トップ営業がご紹介!

売れる営業の教科書

スポンサーリンク



こんにちは!グッチと申します!

前回は、営業職の服装についてご紹介させて頂きました。今回は、営業職が持っておくべき必須アイテムをご紹介しさせて頂きます。

セールスマン・セールスウーマンになり、学生時代は必要としていなかったアイテムが増えてきます。シャープペンばかりのペンケースが、社会人になり、ボールペンや万年筆に切り替わる。そんな小さなことでも、社会人になったんだ感動したことを覚えています。

堅苦しさも感じましたけどね(笑)。

今は、ペーパーレス化も進んできましたが、まだまだ、記入事が多いですよね。

勉強での記憶力はからっきしダメでしたが、営業での記憶力はとっても良かったのが自分にとってとてもラッキーでした。その為、持ち物は少なくて済んだのですが、今は、ちょっと忘れっぽくなっているので、少しアイテムを増やしております(笑)。

この記事を読んで、今からできそうな事を少しずつ行い、自身と自信をアップデートしていきませんか?

この記事では、営業職の三種の神器、持っておくべき必須アイテム7選について、私の実体験を踏まえてご紹介していきたいと思います。

営業職の三種の神器

昭和から平成、そして、令和に変わり、営業職の必須アイテムにも変化が出てきています。

サラリーマンの三種の神器って聴いた事ありますか?

昭和の時代は、腕時計、靴、ライターだったような・・・。

平成の時代は、腕時計、靴、鞄かなぁ・・・後期は携帯電話が入りそうですが・・・。

令和の時代は・・・マイクロチップや何かが入ってくるのでしょうか?これからが楽しみですね!

この三種の神器は業種によっても変わってくることでしょう。

私の場合、腕時計、靴、ボールペン、鞄、PC、スマホも入ってくるので、もはや三種の神器どころではなく5種、6種、7種・・・キリがありませんね(笑)

ちなみに、日本神話に出てくる本当の三種の神器は、八咫鏡(やたのかがみ)・天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)(草薙剣(くさなぎのつるぎ))・八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)です。

誰か全てを見たことあるのでしょうかね?天皇陛下ですら見られていないそうです。

神秘的ですね!

スポンサーリンク

営業職が持っておくべき必須アイテム

1、ボールペン

これは、まだまだペーパーの契約書が多い営業職の方は必須です。ここでいうボールペンは自身が使用するボールペンのことではありません。お客様に使用していただくボールペンのことを言います。なるべく高級な物を使用してください。私は、モンブランのボールペンを使用しています。たくさんの高級ボールペンはありますが、モンブラン社のものであれば、殆どの方は知っていますからね。お客様はこの契約に人生をかけているのかもしれません。どんな契約でも、自身のとても大切な契約になりますから、激安で売っている、販促品でもらったボールペンなどは論外だと思いませんか?因みに、私自身が使用しているのは普通の大量生産されているペンです。その為、お客様用と、自分用と使い分けております。

2、名刺

名刺も当たり前のようにまだまだ使用してますよね。近い将来、この名刺もペーパーレスになりそうですが、今はまだ必要ですね。名刺の裏に自己紹介をされている方もいたりしますので、何かしらの補足をしておくと、お客様と共通点が見つかるかもしれません。共通点が見つかると、距離もグッと縮まりますからね!

3、モバイルバッテリー

もはや、スマホやノートパソコンまたはタブレットなどのツールを持ち歩くのは当たり前になっています。商談の時に、バッテリー切れなんて起きたら、何の為に来たのか分かりませんよね。大容量の大きいタイプというより、必要最低限の容量タイプで十分です。重くなりますし、場所をとりますので。

4、メモ帳類

大きさ問わず、使いやすい物で良いと思います。ヒアリングで使用する用、お客様に説明する用、思いついた事をメモしておく用など、用途によって使い分けるのも良いですね。とにかく、かさばらないように薄めの物を使用することです。

5、郵便セット

これは、お客様が個人やある程度の年齢の方の場合に効果があると思います。商談後、お礼をメールでことが済む時代ですが、あえてお客様のハートをがっちり掴む為に、郵送するのもテクニックの一つです。自身を売り込む為、1%でも高く成約率を上げる為には、出来ることはやっておきましょう。私は、お客様のヒアリング後に、車の中や、コンビニの飲食スペース、レストランやカフェなどで食事を注文して待っている間に、よく手紙を書いております。ある程度の雛形が完成していれば、5分もかからずに書けるようになります。この5分で成約率が上がるのであれば安い物ですよね!

6、口臭対策用の歯磨きセットなど

対面営業の場合、エチケットは必須です。私が感動したのは、ホテルの支配人とお話しをさせて頂いた時です。彼は、お客様でも何でもなくただの知人なのですが、わざわざ、私と話をする際にも気を使い口臭対策をしています。口臭対策になる物ならば何でも良いと思います。できれば、商談時間中は効果が続くものが良いでしょう。私は、歯磨きセットを持ち歩いています。アナログかもしれませんが、場所を取らず、軽いので。営業前の喫煙は服にもニオイが付きますし、口臭もしますので絶対やめましょう。営業用の資料にもニオイが移りますよ。

7、ノートパソコン、タブレット、スマホ

今は、これらのいずれかは必ず持ち歩いていますよね。業種によると思いますが、必要に応じて使い分けてください。私の場合は、大きな商談以外ではノートパソコンを使用することはありませんので、極力、軽い物を使用しています。

8、靴べら、ハンカチ

お客様の家や、会社で、靴を脱いで商談する際に必須となります。私たちは、お客様ではないので、お客様に気を使って頂くのはおかしいですよね?持ち歩ける靴べらを使用してお客様の玄関でシュパッと靴を履けたらカッコイイと思いませんか?ハンカチは鞄を拭いたり、鞄の下にひいて使用します。普段、地べたに鞄を置いてませんか?お客様の家の床に鞄を置くのは、土足で家に上がっていると同じことです。これは、とある外資系生命保険会社のトップ営業マンのセミナーに参加した際に、ご教授頂いた話になります。

まとめ

どんなアイテムを持ち歩けば良いのかは、正直、営業職で取り扱う商品のもよると思いますが、やはり一番大事なのは、契約時にもお客様に不快な思いをさせないことだと思います。だからこそ、高級ボールペンを使用して頂いたり、ニオイに気を付けたり、当たり前のことにプラスして、こいつはちょっと違うな!とお客様に好印象を持ってもらう事まで考えて、アイテムを揃えるべきだと思います。

是非、本日から実践してみてください。

この記事があなたにとって少しでもお役に立てたら幸いです。

今回は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました