営業職のしてはいけないこと(気をつけること)!売れる営業へ!現役トップ営業がご紹介!

売れる営業の教科書

スポンサーリンク



こんにちは!グッチと申します!

前回は、営業職が持っておくべき必須アイテムについてご紹介させて頂きました。今回は、営業でこれだけはしない方が良い事についてをご紹介させて頂きます。

普段の生活や仕事の中で、習慣化してしまっている事を今一度、見直すことが大事です。必ず、誰かは気づいているものです。面白いもので、労働時間がプライベートの時間より多いと言うことに何故か誰も意見しないのでしょうか?それは皆さんが今の現状に満足している。つまり、仕事が楽しいと思っているからなのでしょう!今は、そういう事にしておきましょう(笑)

この記事を読んで、今からできそうな事を少しずつ行い、自身と自信をアップデートしていきませんか?

この記事では、営業職のこれだけはしない方が良いことについて、私の実体験を踏まえてご紹介していきたいと思います。

これだけはしない方が良いこと

1、喫煙について

近年では、喫煙は健康に悪い。と言われ、会社や施設の中では、完全にNGであったり、敷地内も完全NGとされているのが殆どではないでしょうか?簡単に言うと、マナーとして完全なるNG行為とされているのでしょう。昔は、一緒に喫煙することで、話が進んだりしておりましたが、時代は変わるものですね。正直、私は、完全にNGだとは思いません。仕事終わりに一服程度であれば問題はないと思っているからです。健康管理は自己の責任ですのでね!しかし、仕事前や仕事の合間には完全にNG行為だと思っています。タバコのニオイは直ぐに分かります。スーツやタバコを持っていた手、口臭、資料についたタバコのニオイは直ぐに分かりますよね。その時点で、成約率を下げている事に気付いて頂きたいです。せめて、今日一日頑張った!とういご褒美程度でお願いします。

2、香水について

最近では、少なくなりましたが、稀にキツい香りの香水をされている方がいます。何の為にしているのでしょうか?仕事場は、デートする場所ではないですよね?お客様にはニオイに敏感な方もいらっしゃいます。私は、特にニオイに気を付けております。「グッチさんは、全くニオイがしないですよね?それってすごい事だと思うんです。」と言われた事が多々あります。体に香水や香り付きの制汗剤を振り、香り付きの洗剤や柔軟剤を使用した衣類を身にまとったら、結局、何の香りか分からないと思いませんか?ただただ、気持ち悪くなるかもしれません。できれば、制汗剤などは無臭の物がオススメです。

3、言葉遣い

これはよくある事で、地域によってもかなり違いがあります。私の仕事柄、ピンチの営業所に助っ人としていく事がよくあるのですが、そこで立ち寄るお店の方の言葉遣いが全然違います。特に感じたのは、車のディーラーさんでした。ディーラーさんでも地域によって対応が全然違うので、いろんな地域のディーラーさんに行ってみてください!言葉遣いというのは、たまたま近くを通り過ぎただけの方にも、話がきこえている事があります。そこで、丁寧な言葉遣いをしていた営業の方と、そうでない方では印象は全然違ってきますよね?たまたま近くを通り過ぎた方が、将来のお客様になることもありますよ!ここで、ポイントなのですが、丁寧語、尊敬語など、覚えきれない!という方には、とりあえず、「です」「ます」で話をしましょう。これで何とかなる事が殆どです。

スポンサーリンク

4、下品な話をしない

下ネタなどは、セクハラに十分なり得ます。そんな話を仕事場でしていたらどうでしょう?お客様に聴こえていたらどうでしょう?自ら、自身の職業の生命を絶っているようなものです。では、家族が効いていたらどうでしょう?人生終わったようなものです。誇りに思われるか、埃に思われるかはあなた次第です!

5、時間を守る

お客様とのアポどりをしたのに、時間に遅れるのはNG行為です。本来のマナーとしては、待ち合わせの時間などは、その時間以降で伺うのが正式らしいのですが、私からすればそれは気持ちの良いものではありません。私の場合、伺う時間の15分以上前には到着しており、近くの駐車場や少し休憩できるような場所にいたり、お客様の会社周辺の様子、個人顧客の場合は、近隣の街並みの様子などを歩いて見て周り、訪問時に、どのようにアイスブレイクしていくのかを考えています。そして、時間ピッタリに訪問する事を心がけております。既存のお客様には、「いつも時間ピッタリですね!」と言われるのが私の日課になっております。

6、携帯電話について

今や、必須アイテムではありますが、同時に、大切な商談を一瞬にして止めてしまうアイテムでもあります。せめてマナーモードにしておきましょう。自分の代わりに携帯電話が契約獲得をしてくれれば良いのですが、契約獲得するのは自分自身ですからね。私の場合、商談中は電源を切っており、商談後は直ぐに電源を入れます。そのとき、携帯に出ず、その後に折り返した際には、既に他をあたられ、契約を取れなかった事がある。など聴くのですが、それは全然見当違いです。よく考えてください、目の間にいるお客様を放ったらかしにして契約獲得できない方が生産性が悪いです。本当に、自分を頼りにして契約をしたいのであれば、お客様も待っててくださいます。もし、それで、本当に契約が取れなかったのであれば、ご縁が無かったとスッパリ諦める方が良いと思います。お客様は自分じゃなくても誰でも良かったのですから。

7、アクセサリーについて

男性、女性も、とにかく目立つ物はやめましょう。営業マンでピアスをしたり、チャラチャラしたネックレス、ブレスレットはしていないと思いたいです。して良いのは結婚指輪くらいではないのでしょうか?そんなところで目立ってどうするのでしょうか?自己主張は自身の営業成績でアピールしましょう。成約率を下げる要因はなくしましょう。お客様によっては、結婚指輪を見る事で、安心して商談に入れる方もいらっしゃいます。私の場合は指輪をする事が本当に苦手でしていません。それでも結果は出せているので関係ないかもしれないですね(笑)。

8、口臭について

対面営業の場合、アルコール、タバコ、ニンニク、口の渇きによる嫌なニオイを十分に消しておく必要があります。商談中は嫌なニオイがしないように対策をしましょう。私は歯磨き、リステリンなどで口臭予防をよくしております。私の先輩で翌日、仕事があるにも関わらず、深夜まで飲酒をしている方がおりました。二日酔いでよく出勤され、アルコール、タバコのニオイもよくしておりました。私もよく誘われたのですが、こんな人間にはなりたくないと思っていた為、断っておりました。ある日、帰宅しようと車に乗った際に、飲みに誘われた事がありました。私は、当然のようにその誘いを断りました。その際に、タイヤを蹴られたこともありました。その場で殴り倒してやろうかと一瞬、カッとなってしまいましたが、直ぐに冷静になり、嫌な気持ちも一瞬で無くなりました。私は、先輩との付き合いの為に仕事をしているのではなく、自分の為、家族の為に仕事をしていたからです。その年、年間成績で1位になったのは私で、下位10傑にランクインしていたのは、その先輩だったのは言うまでもありません。

まとめ

私の経験上、どうしてもこれだけは皆さんにしないで欲しいことを紹介させて頂きましたが、皆さんも、これだけはしない方が良いと感じている事があると思います。でしたら、絶対に、自分はやらない事です。その不快感に気付いておきながらやっていると言うのは何のためなのでしょうか?良く考えていきましょう!

是非、本日から実践してみてください。

この記事があなたにとって少しでもお役に立てたら幸いです。

今回は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました