うつ病を克服し、再びトップ営業マンになれた理由。

メンタルヘルス

スポンサーリンク



こんにちは!グッチです!

何を隠そう、私はうつ病でした。営業で自身最高の結果を出し、ダントツ1位になった翌年になりました。異動により、仕事内容が全く異なった部署と、上司の無駄な会議の開催、無駄な出張により承認をもらえないといった無駄の多さに悩まされ、スピード対応で営業成績を残していた私にとってはストレスでしかなく、段々と眠れなくなり。落ち着かない。この状況から突然逃げ出したい。胸が苦しくなる。職場で吐き気がする。などの症状が出始め、ついに心療内科に行くことにしました。カウンセリングを受け、3回目の受診時に、ついにギブアップとなり、うつ病と診断され、医師の指示により2ヶ月間休む事になりました。

スポンサーリンク

担当医からは、「うつ病は治る。そして、うつを経験した人は必ず強くなれる。考え方が変わるんだよ。」と言われました。当時の私には、この内容が分からず、医師からの私に対する、励ましの言葉にだけ聞こえました。

当時の私は、仕事に行かなくて良いという安心感と、仕事をこんなに休んでも大丈夫なのだろうか?復帰した時の職場の人達の自分を見る目が怖い。といった不安もありました。ですが、先ずはしっかりと休もうと思い、最初の1週間は携帯電話も何も見ないで、ただひたすら寝ているだけの生活でした。1週間後、寝ているだけの生活には限界を感じ、医師から言われた、読書や散歩をするようになりました。読書といっても、当時は、今ほど本が好きでは無かった為、マンガを見て過ごしていました。散歩は特にコースを決めず、自分が行ってみたい道を歩いてみるということをしました。私の場合、2週間経ち、あれ程休みたいと思っていたのに、することがないという事に気づき始め、社会から取り残されているのではないか?という焦りも感じるようになりました。受診時にもこういった相談をしたのですが、医師からは焦らなくて大丈夫だからと諭されました。1ヶ月が過ぎた頃、流石に何かしなければ!と考え、全く人と関わりを持っていなかった為、人に慣れていこうと思いついたのが、やったこともないパチンコ屋に行ってみることでした。パチンコ屋で何をしたかというと、ここに来ている人は、どんな人達なのだろう?と考えることから始めてみました。明らかに仕事をサボって来ている男性。子供が学校に行っている間に、ストレス発散の為に来ているような女性。明らかに仕事をする気が無くてパチンコ屋に来ているようなニートっぽい人。と、どうしてもマイナスイメージの人ばかりが目についていました。でも、なぜ、みんなパチンコ屋に来ているのだろうか?と考えた際に、ここに来たいと思えるから来ているはず。笑顔にもなれるから来るんだ。もしかして、居場所を見つけに来ているのかもしれない。ただ、お金を稼ぎに来ている人も多いでしょうが、それにプラスされる何かがある為、来ているんだ。と思うようになりました。それから、パチンコ屋ばかりに行くようになり、駐車場の車の車種や店に来ている人の表情や服装。時間帯を変えて来ている人の客層を独自に分析していました。

毎日、パチンコ屋に来ていたので、変な人と思われてもいたでしょう。ここでよかったことは、パチンコ屋でもある程度の収入があったことでした。そこで、パチンコにハマってしまうことはなく、分析中に夢中であった為、とても楽しく、自分の中でも活力が戻ってきたように感じ、すっかりうつの症状も無くなっていました。そして、やっぱり、自分は大好きな営業をやりたいと思い始めたのもありました。そんな中、会社から、復帰したら、事務系の席を空けておくからと話がありました。やっぱり大好きだった、営業に戻りたいと相談しましたが、受入れてもらえず、思い切って退職する事にし、新しい会社で、営業職に就く事になりました。

今はステップアップの為、その会社も辞め、現在の会社で営業をしていますが、休職中に得られた、いろんな面から物事を考えるというスキルがとても役に立っています。性格的に、気にしてしまう性格ですが、当時よりも、楽観的になれましたし、嫌われる勇気もつきました。他人からどう思われようが、気にしていては何もできないと気づくことができたからです。

正直、今でも稀に、うつのような症状が出る時があります。が、あの頃に比べれば今の症状は軽い軽い!と思えますし、好きな読書をすることで勉強する楽しさを見つけられている。それに、時代も変わり、終身雇用の概念は無くなっており、仕事の心配は必要ない。自分のやりたいことをやればいいと思えるようになりました。

お客様との会話で、当時の自身のことを包み隠さず話せますし、当時の倍以上の確率で成約も取れるようになりました。今では、うつ病になったことで、うつにならない人よりも貴重な経験ができたんだという、考え方になり、誇りに思えるようになっています。うつは必ず克服できる。自分で克服していく事ができると信じています。担当医から言われた「うつ病は治る。そして、うつを経験した人は必ず強くなれる。考え方が変わるんだよ。」という言葉の意味がようやくわかりました。

今回の内容は、仕事や、うつ病で悩んでいる方に少しでも一歩踏み出す勇気を差し上げたくて記事にさせていただきました。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました