台風13号「レンレン」可愛い名前の由来と意味。進路状況も調査!

天気

スポンサーリンク



こんにちは!グッチです!

2019年9月2日(月)の9時、フィリピンの東で台風13号「レンレン」が発生しました。

中心気圧は1000hPa、中心付近の最大風速は18m/s、最大瞬間風速は25m/sとなっています。

ニュースの速報では、台風13号の名前は「レンレン」と名付けられたようです。

名前は可愛いが、日本に直撃したら被害は甚大です!

レンレンという名前が、早くもツイッターで話題になっており、とても気になりますね!

誰が、こんな可愛い名前をつけたのでしょうか?

そして、名前の由来とその意味はなんなのでしょうか?

そこで、今回は、「台風13号「レンレン」可愛い名前の由来と意味。進路状況も調査!」と題して、2019年9月2日(月)の9時、フィリピンの東で発生した、台風13号「レンレン」の進路状況と、その名前の由来と意味を調査しましたので、ご紹介させて頂きます!

スポンサーリンク

台風13号「レンレン」の進路情報【9月6日更新】

出典:tenki.jp

非常に強い台風第13号は、6日9時現在、久米島の北西約250kmにあって、北へ毎時20kmで進んでいます。

中心気圧は940hPa、中心付近の最大風速は45m/sです。

この台風は、6日21時には東シナ海に達し、7日9時には黄海に達するでしょう。

台風はこの後、温帯低気圧に変わり、8日9時には中国東北区に達する見込みです。

台風周辺地域および進路にあたる地域は暴風や大雨に、台風の進路にあたる海域は猛烈なしけに厳重な警戒が必要です。

Windyを新たに添付いたしましたので、より台風の進路予想が見やすいと思いますので活用ください!

次回の台風情報は、6日21時以降に更新いたしますね!

台風13号「レンレン」の名前の由来と意味

台風13号「レンレン」の名前がtwitterで話題になっております。

「レンレン」と聴くと、アニメキャラクターや芸能人の愛称などを思い出す方が多いようですね。

可愛い名前ですので、愛着も湧きやすいのかもしれませんね。

ですが、台風であることに変わりありませんので、十分な対策をしておかないといけません!

では、その気になる名前はどのようにして付けられているのでしょうか?名前の由来と意味についてご紹介させて頂きます。

台風13号「レンレン」は、香港が用意した名前で、その意味は「少女の名前」です。

パンダの名前でも、リンリンなどの名前を2回つける(◯◯ちゃんの意味)のがポイントのようで、訳すと「リンちゃん」になるようです。

台風13号「リンちゃん」・・・親しみはしやすいですが・・・何か変な感じもしてしまいますね。

気象庁によると、台風の名前は、米国が英語名(人名)を付けていましたが、北西太平洋または南シナ海で発生する台風防災に関する各国の政府間組織である「台風委員会」(日本含む14カ国等が加盟)が平成12年(2000年)から、北西太平洋または南シナ海の領域で発生する台風には同領域内で用いられている固有の名前(加盟国などが提案した名前)を付けることになりました。

各加盟国などの提案した名前が、あらかじめ140用意されていて、発生順につけられます。

そして140を繰り返して使用(140番目の次は1番目に戻る)されますが、大きな災害をもたらした台風などがあると、加盟国からの要請によって、その名前を以後の台風では使用しないように別の名前に変更することがあります。

今回は、46番目の香港が提案した名前の「レンレン」で意味は「少女の名前」になったそうです。

ちなみに、次の台風の名前は・・・

日本が提案した「カジキ」で意味は「かじき座、旗魚」
だそうです。
台風委員会と言われる各国の政府間組織である為、厳しい名前の審査やその意味についてもよく考えられていると思っていましたが、意外にも変な名前が多いというのが個人的な感想です。


折りたたみ傘 自動開閉 頑丈な12本骨 メンズ 台風対応 梅雨対策 大きい 超撥水 おりたたみ傘 高強度グラスファイバー ビッグサイズ 晴雨兼用 収納ポーチ付き (ブラック)

まとめ

台風13号「レンレン」は、9月3日(火)15時現在、沖縄の南にあって、北へ毎時15kmで進んでいます。
中心気圧は990hPa、中心付近の最大風速は30m/s。
・進路予想ですが、9月4日15時には宮古島の南約240km、5日15時には宮古島の北北東約40km、6日15時には東シナ海に達する見込み。
・台風13号「レンレン」は、香港が用意した名前で、その意味は「少女の名前

台風13号「レンレン」の現在の進路予想では、直撃まではなさそうですが、一部の地域は強風や大雨に、台風の進路にあたる海域はしけに警戒をする必要があります。

名前の方も、そこまで深く考えられていない気がしました(笑)

今回は、「台風13号「レンレン」の進路予想。可愛い名前の由来と意味も調査!」と題して、2019年9月2日(月)の9時、フィリピンの東で発生した、台風13号「レンレン」の進路予想と、その名前の由来と意味を調査しましたので、ご紹介させて頂きました。

この記事が、皆さんにとって参考になれば幸いです。

最後まで読んでくださり、有難うございました。

コメント

  1. […] →→→台風13号「レンレン」についてはこちら […]

  2. […] 中心気圧は1002hPa、中心付近の最大風速は18m/sです。 このあと台風15号2019「ファクサイ」は勢力を強めながら西北西~北西の方向へ進み、6日(金)15:00には南鳥島近海に達し、7日(土)15:00には暴風域を伴って父島の東南東約110キロの海上まで進む予想です。 その後、次第に進路を北よりに変えて、8日(日)15:00には日本の南まで進む見通しです。 9日(月)15:00には三陸沖で温帯低気圧に変わる予想で、日本列島に影響を及ぼすのは、8日(日)から9日(月)ごろにかけてとなりそうです。 東日本を中心に影響が出そうです。 台風15号2019「ファクサイ」の今後の動きは、西に進みながらもゆっくりと北上し関東地方に向かう進路が予想されています。 台風15号2019「ファクサイ」はこの後、温帯低気圧に変わり、9日15時には三陸沖に達する見込みです。 また、日本列島に接近する前から台風周辺の高い波がうねりとなって日本付近に達するおそれがあり、特に、小笠原諸島や伊豆諸島、さらに東日本・西日本の太平洋沿岸では、台風が接近する前から波が高くなることが十分に考えられますので、前もって注意する必要があります。 次回の台風情報は、6日10時30分以降に更新しますね。 →→→ちなみに、台風13号「レンレン」の情報はこちら […]

タイトルとURLをコピーしました