台風17号2019の飛行機の欠航や遅延は?払い戻しに進路も紹介

天気

スポンサーリンク



こんにちは!グッチです!

2019年9月19日(木)15:00に台風17号「ターファー」が発生しました。

大型の台風第17号「ターファー」は、23日7:00現在、鳥取市の北北西約170kmにあって、北東へ毎時55kmで進んでいます。

中心気圧は990hPa、中心付近の最大風速は30m/sです。

台風第17号「ターファー」は、この後、温帯低気圧に変わり、23日18時には秋田市の西北西約160kmに進むでしょう。

24日6:00には千島近海に達する見込みです。

台風周辺地域および進路にあたる地域は暴風や大雨に、台風の進路にあたる海域は猛烈なしけに厳重な警戒が必要です。

21日(土)、22日(日)、23日(月)にお出掛け予定の方や、仕事のあるサラリーマンの方で飛行機を利用される方は、台風17号2019「ターファー」の影響を受けそうですね。

そこで心配になるのが、台風17号2019「ターファー」の飛行機の欠航や払い戻しですね。

また、台風17号2019「ターファー」その進路も気になるところです。

そこで今回は「台風17号2019の飛行機の欠航や遅延は?払い戻しに進路も紹介!」と題して、台風17号2019「ターファー」による飛行機の欠航や遅延、払い戻しについて、そして、台風17号2019「ターファー」の進路についても調査しましたのでご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

台風17号2019「ターファー」の進路は?

まず始めに、2019年9月19日(木)15:00に発生した台風17号「ターファー」の進路状況を見て見ましょう。

出典元:tenki.jp

2019年9月23日(月)7:00現在、台風第17号「ターファー」は、23日7:00現在、鳥取市の北北西約170kmにあって、北東へ毎時55kmで進んでいます。

中心気圧は990hPa、中心付近の最大風速は30m/sです。

台風第17号「ターファー」は、 この後、温帯低気圧に変わり、23日18時には秋田市の西北西約160kmに進むでしょう。24日6:00には千島近海に達する見込みです。

台風周辺地域および進路にあたる地域は暴風や大雨に、台風の進路にあたる海域は大しけに厳重な警戒が必要です。
実際に、飛行機に影響を及ぼすのは、21日(土)から23日(月)ごろにかけてとなりそうです。
沖縄は21日(土)から影響を受け、その後、九州地方、中国地方を中心に影響が出そうです。
台風17号2019「ターファー」の今後の動きは、北北東へと進路が予想されています。
また、台風が接近する前から台風周辺地域および進路にあたる地域は暴風や大雨に、台風の進路にあたる海域は大しけに厳重な警戒が必要であり、前もって注意する必要があります。

今後、新しい情報が得られ次第、台風の進路について追記していきます。

台風17号2019の飛行機の欠航や遅延は?(全航空会社)

一般的に飛行機の台風による運航するか欠航するかの判断は、各航空会社が判断をしており、基本的に飛行機は風速15メートルを超えると欠航する確率が高くなり、風速25メートルを超えると非常に高い確率で欠航になります。

今回の台風17号2019「ターファー」の最大風速は、風速30メートルです。(2019年9月23日現在)

実際に、影響を及ぼすのは、21日(土)から23日(月)ごろにかけてとなりそうであり、沖縄は21日(土)から影響を受け、その後、九州地方、中国地方を中心に影響が出そうです。

台風の移動速度によっては21日(土)〜23日(月)に飛行機を利用される方には何かしらの影響が出そうです。

台風は、日本列島に上陸するまでに、勢力を増す可能性もありますので、今後、台風17号2019「ターファー」の勢力が増せば欠航になる可能性が高いです。

台風17号の今後の動きは、北西に進みながらゆっくりと北上し沖縄、九州地方、中国地方を通過する進路が予想されていますので、進路予想のままであれば、沖縄、九州地方、中国地方へ発着を予定の飛行機便は欠航となる可能性が高いです。

日本の航空会社の運航状況一覧

下記に日本の航空会社の運航状況を添付しました。

すでに欠航の案内が出ている様子です。

殆どの航空会社がこちらのURLから運航状況が確認できます。

航空会社
エアアジアジャパン(WAJ)
(エアージャパン(AJX)国内線)(国際線はこちら)
ジェットスター・ジャパン(JJP)
春秋航空日本(SJO)
(スターフライヤー(SFJ)国内線)(国際線はこちら)
(全日本空輸(ANA)国内線)(国際線はこちら)
(日本航空(JAL)国内線)(国際線はこちら)
バニラ・エア(VNL)
ピーチ・アビエーション(APJ)
ANAウイングス(AKX)
アイベックスエアラインズ(IBX)
天草エアライン(AMX)
エア・ドゥ(ADO)
オリエンタルエアブリッジ(ORC)
ジェイエア(JLJ)
新中央航空(CUK)
新日本航空(NJA)
スカイマーク(SKJ)
ソラシドエア(SNJ)
東邦航空(THK)
日本エアコミューター(JAC)
日本トランスオーシャン航空(JTA)
フジドリームエアラインズ(FDA)
北海道エアシステム(NTH)
琉球エアコミューター(RAC)

台風17号2019の飛行機の航空券の払い戻しは?

飛行機が欠航となった場合は、原則、料金が払い戻しされます。

これは、航空会社の都合で欠航になった場合です。

また、台風などの悪天候が原因で欠航になるのは、航空会社の都合とはなりませんが、全額払い戻しされます。

払い戻しをする場合、予約便を取り消しの上、航空券の払戻可能期間内に手続きをする必要があります。

払い戻し期間は航空会社によって異なりますが、航空券の有効期間30日〜40日以内がほとんどです。

また、払い戻しをせずに、振替便などの他の便への変更することも可能ですが、台風の状況によってはすぐに運航できない場合もありますので、要注意です。

払い戻しや、振替便や他の便へ変更する際の手数料などはかかりません

航空券の払い戻しについては、空港の受付カウンター、電話、インターネットで行うことができます。

インターネットから申し込む場合は上記の「日本の航空会社の運航状況一覧」からアクセスしていただくとスムーズです。

欠航情報や払い戻しについては、各航空会社で手順が異なりますので、要注意してください。

台風などの悪天候が原因で欠航の場合の諸費用(交通費・宿泊費)は?

台風などの悪天候が原因で、搭乗便を変更した際にかかった諸費用(交通費・宿泊費)は本人負担となります。

その為、天候等で怪しい場合は早めの判断をした方がおすすめです。

各航空会社一覧

以下に、日本の航空会社の一覧を添付しておきます。(メインサイトに繋がります)
航空会社
エアアジアジャパン(WAJ)
エアージャパン(AJX)
ジェットスター・ジャパン(JJP)
春秋航空日本(SJO)
スターフライヤー(SFJ)
全日本空輸(ANA)
日本航空(JAL)
バニラ・エア(VNL)
ピーチ・アビエーション(APJ)
ANAウイングス(AKX)
アイベックスエアラインズ(IBX)
天草エアライン(AMX)
エア・ドゥ(ADO)
オリエンタルエアブリッジ(ORC)
ジェイエア(JLJ)
新中央航空(CUK)
新日本航空(NJA)
スカイマーク(SKJ)
ソラシドエア(SNJ)
東邦航空(THK)
日本エアコミューター(JAC)
日本トランスオーシャン航空(JTA)
フジドリームエアラインズ(FDA)
北海道エアシステム(NTH)
琉球エアコミューター(RAC)

まとめ

・21日9:00現在、久米島の西約100kmにあって、北北西へ毎時25kmで進んでいます。
・台風17号2019「ターファー」が飛行機の運行に影響を及ぼすのは、21日(土)から23日(月)ごろにかけてとなりそうです。
沖縄は21日(土)から影響を受け、その後、九州地方、中国地方を中心に影響が出そうです。
・台風17号2019「ターファー」の影響による飛行機の欠航も出ている。
・今後、台風17号2019「ターファー」の勢力が増していき、進路予想のままであれば、9月21日(土)〜23日(月)の九州地方や中国地方の飛行機は欠航の可能性もあり
・飛行機が欠航となった場合は、原則、料金が払い戻しされる。
今後も、台風17号2019「ターファー」の勢力が増していったり、進路を変える可能性もありますので、新たな情報が得られ次第、更新していきます。
今回は、「台風17号2019の飛行機の欠航や遅延は?払い戻しに進路も紹介!」と題して、台風17号2019「ターファー」による飛行機の欠航や遅延、払い戻しについて、そして、台風17号2019「ターファー」の進路についても調査しましたのでご紹介させて頂きました。
この記事が、少しでも皆さんのお役に立てたのであれば幸いです。
最後まで読んでいただき有難うございました!

コメント

  1. […] →→→台風17号2019の飛行機の欠航や遅延は?払い戻しに進路も紹介 […]

タイトルとURLをコピーしました