台風19号2019の新幹線運行の影響は?運休や遅延に進路も調査!

天気

スポンサーリンク



こんにちは!グッチです!

2019年10月6日(日)3:00に台風19号「ハギビス」が発生しました。(2019年10月12日8:00更新)

台風19号「ハギビス」は、10月12日(土)7:00現在、八丈島の西南西約300kmにあって、北へ毎時20kmで進んでいます。

中心気圧は935hPa、中心付近の最大風速は45m/sです。

台風19号「ハギビス」は、暴風域を伴ったまま本州に接近し、10月12日(土)18:00には石廊崎の西南西約30kmに達し、10月13日(日)6:00には釜石市の南東約130kmに達するでしょう。

台風19号「ハギビス」はこの後、温帯低気圧に変わり、10月14日(月)3:00には千島の東に達する見込みです。

台風周辺地域および進路にあたる地域は暴風や大雨に、台風の進路にあたる海域は猛烈なしけに厳重な警戒が必要です。

台風19号「ハギビス」の今後の進路についてはまだ不明な部分が多くありますが、太平洋側の海面温度が高い為(27度)、今後も勢力を強めていくことが予想されております。

進路によっては、10月12(土)、13日(日)、14日(月)の3連休に日本列島に影響が出そうであり、お出掛け予定の方や、仕事のあるサラリーマンの方で新幹線を利用される方は、台風19号2019「ハギビス」の影響を受けそうです。

そこで心配になるのが、台風19号2019「ハギビス」による新幹線運行の運休や遅延ですね。

また、台風19号2019「ハギビス」の進路も気になるところです。

そこで今回は「台風19号2019の新幹線運行の影響は?運休や遅延に進路も調査!」と題して、台風19号2019「ハギビス」の影響による新幹線の運休や遅延について、そして、台風19号2019「ハギビス」の進路についても調査しましたのでご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

台風19号2019の進路は?【2019年10月12日更新】

まず始めに、2019年10月6日(日)3:00に発生した台風19号「ハギビス」の進路状況を見て見ましょう。

出典:tenki.jp

台風19号「ハギビス」は、10月12日(土)7:00現在、八丈島の西南西約300kmにあって、北へ毎時20kmで進んでいます。

中心気圧は935hPa、中心付近の最大風速は45m/sです。

台風19号「ハギビス」は、暴風域を伴ったまま本州に接近し、10月12日(土)18:00には石廊崎の西南西約30kmに達し、10月13日(日)6:00には釜石市の南東約130kmに達するでしょう。

台風19号「ハギビス」はこの後、温帯低気圧に変わり、10月14日(月)3:00には千島の東に達する見込みです。

台風周辺地域および進路にあたる地域は暴風や大雨に、台風の進路にあたる海域は猛烈なしけに厳重な警戒が必要です。

台風19号「ハギビス」は、太平洋側の海面温度が高い為(27度)、勢力が強いまま日本列島に到達すると予想されております。

実際に、日本列島に影響を及ぼすのは、2019年10月12日(土)から13日(日)ごろにかけてとなりそうです。
また、台風が接近する前から台風周辺地域および進路にあたる地域は暴風や大雨に、台風の進路にあたる海域は大しけに厳重な警戒が必要であり、前もって注意する必要があります。

今後、新たな情報が得られ次第、台風の進路について追記していきます。

台風19号2019の新幹線運行の影響は?運休や遅延に払い戻しは?

一般的に新幹線の台風による運休の条件は、基本的に新幹線は風速30メートルを超えると運休になります。

今回の台風19号2019「ハギビス」の最大風速は、風速45メートルです。(2019年10月12日現在)

実際に、影響を及ぼすのは、12日(土)から13日(日)ごろにかけてとなりそうであり、今後の進路状況によっては、日本列島に影響を及ぼしそうです

その為、12日(土)〜13日(日)に新幹線を利用される方には影響が出そうです。

現時点では、台風19号2019「ハギビス」の影響による新幹線の計画運休情報は出ておりませんが、運休、遅延はありそうです。

台風19号2019「ハギビス」は、日本列島に上陸するまでに、勢力を増す可能性もありますので、今後、台風19号2019「ハギビス」の勢力が増せば運休になる可能性が非常に高いです。

台風19号2019「ハギビス」の動きは、北へ毎時10kmで進んでおり、日本列島を通過する進路が予想されていますので、進路予想のままであれば、新幹線は運休となる可能性が高いです。
新幹線が運休となった場合は、原則、料金が払い戻しされます。

運転見合わせの場合、新幹線が出発するのを待機している状況ですので、目的地に2時間以上遅れて到着となると、特急料金のみ払い戻し対象となります。

但し、目的地に2時間未満の遅れだと原則、払い戻し対象とならないそうです。

計画運転案内【10月12日(土)8:00更新】

【台風19号接近に伴う運転計画について】

JR東海

【10月12日】
台風の進路が変わり、12日朝から東海道新幹線管内が暴風域に入る予報となったため、時間帯を繰り上げて計画運休を実施いたします。
○東京駅~名古屋駅間
・始発から終日運転を取りやめます。
○名古屋駅~新大阪駅間
・以下の列車を運転し、それ以外の列車の運転を取りやめます。
<下り>
のぞみ 95号(名古屋6:20発、新大阪7:10着、博多 9:40着)
ひかり491号(名古屋6:35発、新大阪7:33着、博多10:11着)
こだま691号(名古屋6:51発、新大阪7:53着)
<上り>
のぞみ200号(新大阪6:00発、名古屋6:48着)
ひかり504号(新大阪6:08発、名古屋7:17着)
のぞみ100号(西明石6:00発、新大阪6:23発、名古屋7:13着)

※上記6本の列車は、名古屋駅~新大阪駅間の各駅に停車します。
※「こだま691号」「のぞみ200号」「ひかり504号」は、グリーン車を除き普通車全車自由席となります。
※上り列車3本は、名古屋止となります。

山陽新幹線の運転計画は、以下のとおりです。
〇新大阪駅~岡山駅間
・以下の列車を最後に、それ以降の運転を取りやめます。
<下り>
さくら551号(新大阪10:08発)
のぞみ 13号(新大阪10:25発)
こだま739号(新大阪10:29発)
※ただし、ひかり585号(新大阪10:20発)は運休となります。
<上り>
のぞみ100号(西明石 6:00発)
さくら542号(岡 山10:35発)
こだま730号(岡 山 9:57発)
○岡山駅~広島駅間
・上記列車運転後、こだま号のみ運転を行います。
○広島駅~博多駅間
・上記列車運転後、みずほ号、さくら号、こだま号のみ運転を行います。

【10月13日】
東海道新幹線は台風の影響が弱まり次第、線路設備等の安全確認と支障物除去作業を行います。
安全の確認が取れ次第、運転を開始する予定ですが、通常よりも列車の本数を減らす場合や運転を取りやめる場合があります。

【10月11日 追加臨時列車について】
・本日、以下の臨時「のぞみ」号を運転します。
(下り)
のぞみ375号(東京駅14:53発、品川15:00発、新横浜15:12発、名古屋16:38発、京都17:16発、新大阪駅17:30着)

なお、本日夕方以降は、3連休と重なり、各駅で大変な混雑が見込まれます。当該期間に東海道新幹線をご利用予定のお客様は、時間に余裕をもってご来駅いただきますよう、お願いいたします。
引用:JR東海HP

JR北海道

明日(10/12)、関東・東北地方で台風19号による荒天が見込まれ、東北新幹線では東京~仙台間で15時以降終日運転を見合わせることから、新函館北斗発着の北海道新幹線でも影響が見込まれます。
なお、北海道新幹線(新函館北斗~新青森間)は現在のところ上下列車とも運休の予定はありませんが、今後の天候状況により、計画が変更となる可能性がありますので今後の気象情報や運行情報に十分ご注意ください。

・10/12の新函館北斗発の本州方面(奥津軽いまべつ・新青森除く)に向かう最終列車は以下のとおりです。
<東京行き>・はやぶさ16号 新函館北斗9時35分発東京行き
<仙台行き>・はやぶさ18号 新函館北斗10時53分発東京行き(仙台止まり、仙台~東京間運休)
※以降の新幹線は新青森行きとなります。
※10/12の東北新幹線区間(新青森~東京)の運転計画については、JR東日本ホームページをご覧ください。
引用:JR北海道

JR東日本

【お知らせ】
台風19 号の接近に伴い、10 月12 日(土)から13 日(日)にかけて首都圏エリアの在来線および新幹線で列車の運転を取りやめる予定です。
明日(12 日)の運転については、以下のとおり計画しています。
なお、明後日(13日)は、少なくとも昼頃まで運転を見合わせる予定です。今回の台風19号は大型で非常に強い台風であるため、甚大な被害が予想され、被害を受けた線区では長時間にわたり運転見合わせとなる可能性があります。

<10 月 12 日の運転計画> 【首都圏在来線】 ○運転を取りやめる線区・区間

・終日運転見合わせ 湘南新宿ライン、上野東京ライン(上野~東京間)、久留里線

・9 時頃運転を取りやめる線区 伊東線

・10 時頃運転を取りやめる線区 東海道線、横須賀線、京葉線、中央本線(高尾~小淵沢間)、相模線、総武本線(佐倉~銚子間)、 成田線(我孫子~成田間、成田~銚子間)、内房線(君津~安房鴨川間)、外房線(上総一ノ宮 ~安房鴨川間)、東金線、鹿島線

・11 時頃運転を取りやめる線区 横浜線、青梅線(青梅~奥多摩間)、八高線

・12 時頃運転を取りやめる線区 京浜東北・根岸線、中央線(快速)、中央・総武線(各駅停車)、総武快速線、埼京線、川越線、 宇都宮線、高崎線、武蔵野線、総武本線・成田線(千葉~成田空港間)、常磐線(快速)、常磐 線(各駅停車)、常磐線(取手~水戸間)、青梅線(立川~青梅間)、内房線(千葉~君津間)、 外房線(千葉~上総一ノ宮間)、烏山線、吾妻線

・13 時頃運転を取りやめる線区 山手線、南武線、鶴見線、五日市線、両毛線、上越線、信越線、常磐線(水戸~いわき間)、 水戸線、水郡線、日光線

引用:JR東日本

JR四国

台風19号の接近により、10月11日(金)夕方頃から 10月13日(日)にかけて、大雨・強風の予報が出ております。
それに伴い、以下の影響が発生します。牟岐線(徳島駅~海部駅間)【10月12日(土)】
10月12日(土)は始発から、牟岐線(徳島駅~海部駅間)の列車の運転を取り止めます。
引用:JR四国

JR九州

●九州新幹線
鹿児島中央駅から博多駅間では、通常どおりの運転を予定しておりますが、山陽新幹線内の運転取り止めに伴い、新大阪方面に直通する「みずほ号」「さくら号」につきましては、以下の列車を最後に、鹿児島中央駅から広島駅間の運転となり、行先に変更が発生します。

・上り列車:さくら542号(鹿児島中央駅 7時06分発 新大阪駅行)
・下り列車:さくら551号(新大阪駅 10時08分発 鹿児島中央駅行)

●九州内在来線
通常どおりの運転を予定しておりますが、福岡県・佐賀県の沿岸部を走る路線(鹿児島本線、日豊本線、筑肥線)において、強風の影響に伴い、運転取り止めや遅れが発生する可能性があります(2019/10/11 11:57現在)
引用:JR九州

JR西日本

山陽新幹線では、台風19号の接近に伴い、明日(10月12日)の運転計画を以下の通りとします。
※台風の状況によっては、運転を行う区間についても、列車の遅れや運転取り止め等が発生する可能性があります。

≪新大阪駅~岡 山駅間≫
下記の列車を最後に、終日運転を取り止めます。

【新大阪⇒博多方面行き】
さくら551号(新大阪駅10時08分発)
のぞみ 13号(新大阪駅10時25分発)
こだま739号(新大阪駅10時29分発)※博多駅行きの最終列車
※のぞみ13号以前の列車は、ひかり585号を除き、すべて運転を行います。
※ひかり585号(新大阪駅10時20分発、博多駅13時04分着)は、全区間運転を取り止めます。

【岡山⇒新大阪・名古屋方面行き】
のぞみ100号(西明石駅6時00分発)※名古屋行きの最終列車
こだま730号(岡山駅9時57分発)
さくら542号(博多駅8時47分発、岡山駅10時35分発)※新大阪駅行きの最終列車
※さくら542号以前の列車は、のぞみ100号を除き、すべて新大阪駅まで運転を行います。

≪岡 山駅~広 島駅間≫
新大阪駅~岡山駅間の項目に記載の最終列車以降は、こだま号および、さくら566号、さくら568号、さくら570号、さくら572号のみ、岡山駅まで運転を行います。

≪広 島駅~博 多駅間≫
新大阪駅~岡山駅間の項目に記載の最終列車以降は、「みずほ・さくら・こだま号」のみ運転を行う予定です。
※さくら566号、さくら568号、さくら570号、さくら572号のみ、岡山駅まで運転を行います。
≪博多南線≫
通常通りの運転を行う予定です。

影響線区

山陽新幹線新大阪 から 岡山 まで 運転取り止め(翌日)

岡山 から 博多 まで 一部列車運休予定

また、山陽新幹線は、台風19号接近に伴いお客様混雑が見込まれるため、次の臨時列車を運転します。

【博多⇒新大阪方面】
列車名:ひかり864号(新大阪行き)
運転区間:博多駅~新大阪駅間
停車駅:博多駅14時29分発→小倉駅14時47分発→新山口駅15時11分発→広島駅15時47分発→岡山駅16時28分発→姫路駅16時54分発→新神戸駅17時10分発→新大阪駅17時24分着

その他:16両編成、グリーン車を除き全車自由席
※グリーン車は、車内で車掌が発売します。

 

台風19号接近に伴う、北陸新幹線の明日(10月12日)の運転計画は以下の通りです。
○運転計画
【金沢→東京方面】
≪かがやき号≫
・かがやき532号から全区間で終日運転を取り止めます。
※東京行き最終列車は、かがやき528号(金沢11時45分発)となります
≪はくたか号≫
・はくたか562号から長野行きとして運転し、はくたか572号からは全区間で終日運転を取り止めます。
※はくたか号の東京行き最終列車は、はくたか560号(金沢10時56分発)となります。また、長野行き最終列車は、はくたか570号(金沢16時09分発:長野行き)となります
【東京→金沢方面】
≪かがやき号≫
・かがやき531号から全区間で終日運転を取り止めます。
※東京方面から金沢行き最終列車は、はくたか565号(東京13時24分発)となります
≪はくたか号≫
・はくたか567号、はくたか569号は長野始発で運転し、はくたか571号からは全区間で終日運転を取り止めます。
※東京方面から金沢行き最終列車は、はくたか565号(東京13時24分発)となります
≪つるぎ号≫
通常通りの運転を行う予定です。
○運転を取り止める列車と区間
【金沢→東京方面】
(金沢駅~東京駅間で運転を取り止める列車)
・かがやき532号
・かがやき534号
・かがやき510号
・かがやき512号
・かがやき536号
・かがやき514号
・かがやき538号
・かがやき516号
・かがやき518号
・はくたか572号
・はくたか574号
・はくたか576号
・はくたか578号
(長野駅~東京駅間で運転を取り止める列車)
・はくたか562号
・はくたか564号
・はくたか566号
・はくたか568号
・はくたか570号
(金沢駅~長野駅間で運転を取り止める列車)
・はくたか590号
【東京→金沢方面】
(東京駅~金沢駅間で運転を取り止める列車)
・かがやき531号
・かがやき533号
・かがやき511号
・かがやき513号
・かがやき515号
・かがやき517号
・かがやき519号
・はくたか571号
・はくたか573号
・はくたか575号
・はくたか577号
(東京駅~長野駅間で運転を取り止める列車)
・はくたか567号
・はくたか569号

台風の進路や気象状況により、運転計画は変更となる場合があります。

引用:JR西日本

切符の払い戻しについて【10月12日(土)8:00更新】

ご利用見合わせによるきっぷの払いもどしについて【東海道新幹線・在来線】

東海道新幹線及び在来線において、台風19号の影響によりご旅行を見合わせる場合、無手数料できっぷの払いもどしをいたしますので、あらかじめ(指定券をお持ちのお客さまは、乗車予定列車の発車時刻までに)、お近くのJRの駅窓口までお申し出ください。
エクスプレス予約、スマートEXの会員さまは、改札入場前(又はきっぷのお受取前)であれば、対象区間を含む予約の場合、会員さまご自身の操作で手数料を頂戴せずに払いもどしが可能です。また、お受取後のきっぷはJR東海又はJR西日本の駅窓口で払いもどします。詳しくは、エクスプレス予約又はスマートEXの予約サイトにログイン後、メニュー画面上部にある緊急のご案内をご確認ください。
旅行会社の旅行商品をお持ちのお客さまは、お求めの旅行会社にお問い合わせください。
引用:JR東海HP

ご利用見合わせによるきっぷの払いもどしについて【山陽新幹線・北陸新幹線】

台風19号接近の影響により、今後は運休や運転見合わせが見込まれるため、以下の対象となるきっぷについては、払戻し・有効期間の変更を無手数料で行いますので、お近くのJRの駅にきっぷをお持ちください。
またインターネット予約の場合は、エクスプレス予約・スマートEXもしくはe5489にログインし、ログイン後のトップページの案内をご覧ください。
【対象となるきっぷ】
10月10日~10月14日を有効期間に含むJR西日本の在来線各駅および山陽新幹線、北陸新幹線(金沢~上越妙高間)を発着又は通過となるきっぷ(同一行程で使用するきっぷを含む)
引用:JR西日本

ご利用見合わせによるきっぷの払いもどしについて【JR東日本】

台風19号の影響によりご旅行を見合わせる場合で、以下の線区を発着又は経由するご使用開 始前のきっぷは無手数料で払いもどしをいたします。 (使用開始後のきっぷの払いもどしについては、駅係員へお尋ねください。)

・当社管内各線区
対象ご乗車日:2019 年 10 月 10 日から 14 日までを含むもの

【駅で購入されたきっぷ】
お近くの JR の駅窓口までお申し出ください。なお、「おトクなきっぷ」につきましては、 発売箇所へお申し出ください。

【「えきねっと」でお申込みされたきっぷ】 ・通常のきっぷ・えきねっとトクだ値・お先にトクだ値

お近くの「えきねっと」をお受取り可能な駅(JR 東日本の駅・JR 北海道の駅・JR 西日

本北陸エリアの一部の駅)の窓口にお申し出ください。 ・えきねっとチケットレスサービス

「えきねっとサポートセンター」までご連絡をお願いします。 【モバイル Suica 特急券】

「モバイル Suica コールセンター」までご連絡をお願いします。 【旅行会社が発売する旅行商品】
お求めになった旅行会社にお問い合わせください。
引用:JR東日本

→→台風19号2019の飛行機の欠航や遅延は?払い戻しに進路も紹介!

まとめ

・台風19号「ハギビス」は、10月12日(土)7:00現在、八丈島の西南西約300kmにあって、北へ毎時20kmで進んでいます。
・台風19号2019「ハギビス」は、2019年10月12日(土)〜13日(日)に新幹線を利用される方には影響が出そうです。
日本列島に影響を及ぼすのは、2019年10月12日(土)から13日(日)ごろです。
・今後、台風19号2019「ハギビス」の勢力が増していき、進路予想のままであれば、10月12日(金)〜13日(日)に新幹線は運休・遅延の可能性もあり
・新幹線が運休となった場合は、原則、料金が払い戻しされる。
・運転見合わせの場合、目的地に2時間以上遅れて到着した場合、特急料金のみ払い戻し対象となり、目的地に2時間未満の遅れだと、払い戻し対象とならない
今後も、台風19号2019「ハギビス」の勢力が増していったり、進路を変える可能性もありますので、新たな情報が得られ次第、更新していきます。
今回は、「台風19号2019の新幹線運行の影響は?運休や遅延に進路も調査!」と題して、台風19号2019「ハギビス」の影響による新幹線の運休や遅延について、そして、台風19号2019「ハギビス」の進路についてご紹介させて頂きました。
この記事が、少しでも皆さんのお役に立てたのであれば幸いです。
最後まで読んでいただき有難うございました!

コメント

  1. […] 台風19号2019の新幹線運行の影響は?運休や遅延に進路も調査! […]

タイトルとURLをコピーしました