式典の時間に入場制限は?嵐が天皇陛下の即位をお祝いする式典に出席

有名人・有名店

スポンサーリンク



こんにちは!グッチです!

2020年12月31日をもってグループ活動を休止することが発表されている国民的アイドルグループの嵐が、10月22日に行われる「即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)」で即位を国内外に宣言される天皇陛下をお祝いするため、11月9日に皇居前広場で「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」にて、お祝いのパフォーマンスをするアーティストとして出席することが決まりました!

また、この式典にて天皇陛下はお言葉を述べられる予定です。

国民的アイドルグループの嵐がお祝いのパフォーマンスをされることで、よりいっそう話題を呼びそうですね!

ここで気になるのが、その時間です。

日程は11月9日(土)と決まってはいるものの、開催する時間が明確ではありません。

何時から開催するのかは知っておきたいですよね。

そして、祭典とはいえ、天皇陛下も出席される為、セキュリティーも厳しいものになるでしょう。

その場合、入場制限や入場券は必要なのかも知っておきたいものです。

せっかく会場に出向いても見れなければ意味がないですからね!

そこで、今回は、「式典の時間に入場制限は?嵐が天皇陛下の即位をお祝いする式典に出席」と題して、2019年11月9日(土)に開催される「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」にて、嵐がお祝いのパフォーマンスをするアーティストとして出席する式典の開催時間と入場制限について調査しましたのでご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

嵐が出席する天皇陛下の即位をお祝いする式典の開催時間は?

第126代天皇陛下の御即位をお祝いする国民祭典を、両陛下のお出ましを仰ぎ、皇居前広場にて開催。

名称:「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」
期日:2019年(令和元年)11月9日(土)
会場:皇居前広場(国民公園)
主催:天皇陛下御即位奉祝委員会・天皇陛下御即位奉祝国会議員連盟・公益財団法人日本文化興隆財

嵐が出席し、天皇陛下の即位をお祝いする式典は、上記の通り、2019年(令和元年)11月9日(土)と決まっておりますが、肝心な時間がわかりません。

これでは、いつ祭典に行けば良いのかわかりませんね。

完全に決定というわけではありませんが、かなり有力な情報を得られましたのでご紹介させていただきます。

出典:公益社団法人 隊友会 公式ホームページ

嵐が天皇陛下の即位をお祝いする式典「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」に出席しますが、「隊友会」のボランティア募集の欄に2019年(令和元年)11月9日(土)当日の日程が記載されておりました。

が、新たに、天皇陛下御即位奉祝委員会公式ホームページにて日程の方が更新されておりましたので記載いたします。

嵐が出席する天皇陛下の即位をお祝いする式典「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」は二部制になっており、

第一部は「奉祝まつり」13:30〜15:45

第二部は「祝賀式典」17:10〜18:40

となっております。

第一部の「奉祝まつり」では、パレードや神輿などが皇居前広場一帯で開催される予定です。

第二部の「祝賀式典」祝賀式典会場(二重橋前特設舞台および皇居前広場)にて開催されます。

嵐が天皇陛下の即位をお祝いする式典で、お祝いのパフォーマンスをするのは、
第二部の「祝賀式典」17:10〜18:40になります。

嵐が出席する天皇陛下の即位をお祝いする式典の入場制限は?

嵐が天皇陛下の即位をお祝いする式典「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」に出席しますが

天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典が、両陛下が二重橋にお出ましになり、11月9日(土)に皇居前広場一帯で開催されます。

第一部の「奉祝まつり」13:45〜16:00では、パレードや神輿などが皇居前広場一帯で開催される予定で、誰でも参加できます。

しかしながら、

第二部の「祝賀式典」17:20〜18:40では、祝賀式典会場(皇居前広場)には入場券がないと入場できません

祝賀式典会場は着席状態で行われる予定であり、どうやら関係者と応募で招待されたの方のみ(入場券を持っている方)しか参加できないようです。

祝賀式典は皇居・二重橋前の特設舞台で行われます。

両陛下が出席し、天皇陛下がおことばを述べることが予定されており、芸能界やスポーツ界、経済界など各界の著名人からの祝辞が披露された後、嵐が「奉祝曲」を歌う事となっております。

作曲は、東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」を手がけた作編曲家、菅野よう子さん、作詞は脚本家、岡田惠和(よしかず)さんが担当されるそうです。

オーケストラ、辻井伸行さんのピアノ演奏ののち、嵐が歌を披露する事となっております。

「奉祝曲」は、天皇陛下がライフワークとする水問題に関連し、人々の幸せに言及した発言などを手がかりに、壮大なスケール感や令和の時代が始まったことの喜びや希望が感じ取れるものになるそうです。

嵐の櫻井翔さんは、主催者を通じ、「国民に寄り添い、想いを寄せておられる陛下に、日々の感謝の想いをお伝えし、お祝いの会に少しでも華を添えられますよう、心を込めて精一杯パフォーマンスをしたいと思います」などとするコメントを発表しました。

祝賀式典の模様は、皇居前広場に3万席を設け、主に大型モニターで観覧できるようにする。3万席のうち、1万席は一般から公募で選ばれた人を招待する。
応募は10月2日午後11時59分まで奉祝委員会ホームページで受け付けています。

1万人という限られた人数となっているため、当選確率はかなり低そうですが、それはあくまでも式典会場の話です。

その式典会場の周りでは、その式典の様子を見ることができます。

おそらく、嵐が出席する天皇陛下の即位をお祝いする式典「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」の様子は、テレビやインターネットでライブ中継されると思います。

やはり、式典会場には、当選された1万人の方以外は会場で見れますが、落選された方は、その式典会場の周りからその様子を見るしかなさそうです。

「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」は国民の祝日?

この嵐が天皇陛下の即位をお祝いする式典「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」ですが、国民の祝日になるのでしょうか?

今年は、天皇陛下の即位で10連休になった年ですので、気になりますよね。

実際に調べてみました。

今年は、天皇陛下が御退位されるとともに、新天皇陛下が御即位され、新たな元号に変わる特別な年に当たります。

天皇陛下の御即位に際し、国民こぞって祝意を示すため、「天皇の即位の日」の5月1日と、「即位礼正殿の儀の行われる日」の10月22日が、今年に限り「国民の祝日」となります。

天皇陛下の御退位と皇太子殿下の御即位が同時に行われるのは約200年ぶりのことであり、憲政史上初めてのことだそうです。

残念ながら、嵐が天皇陛下の即位をお祝いする式典「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」は、あくまでも祭典であり、国民の休日にはならないようです。

日曜・祝日休みの方には残念なお知らせになりますね。

即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)とは?

出典:政府広報オンライン

10月22日に行われる「即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)」で即位を国内外に宣言される天皇陛下をお祝いするため、11月9日に皇居前広場で「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」にて、お祝いのパフォーマンスをするアーティストとして嵐が出席しますが、そもそも、「即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)」とはいったいどのような儀式なのでしょうか?

「即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)」とは御即位を公に宣明されるとともに、その御即位を内外の代表がことほぐ儀式です。

2019年(令和元年)10月22日(火)に、国事行為である国の儀式として、宮中において行われます。

儀式の模様は、政府インターネットテレビでライブ中継される予定です。

祝賀御列の儀(しゅくがおんれつのぎ)とは?

出典:政府広報オンライン

即位礼正殿の儀終了後、広く国民に御即位を披露され、祝福を受けられるための御列(パレード)です。

即位礼正殿の儀が行われた後、同日に、国事行為である国の儀式として、宮殿から天皇陛下の御在所までの間において行われます。

ですが、今回は、11月10日(日)に変更となりました。

即位礼正殿の儀の終了後、午後3時に皇居・宮殿を御出発になり、おおむね午後3時30分に赤坂御所に御到着になる予定です。

パレードの模様は、政府インターネットテレビでライブ中継される予定です。

祝賀御列の儀の行われるルート

出典:政府広報オンライン

饗宴の儀(きょうえんのぎ)とは?

御即位を披露され、祝福を受けられるための饗宴です。

10月22日(火)、25日(金)、29日(火)、31日(木)に計4回、国事行為である国の儀式として、宮中で行われます。

内閣総理大臣夫妻主催晩餐会とは?

外国元首・祝賀使節に日本の伝統文化を披露し、理解を深めていただくとともに、来日に謝意を表するため、10月23日(水)の夕刻に都内で行われます。

11月14日からは大がかりな神事・大嘗祭が執り行われたりと、まだまだたくさんのお祝いと儀式があるそうです。

まとめ

・嵐が出席し、天皇陛下の即位をお祝いする式典「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」は二部制。

第一部は「奉祝まつり」13:45〜16:00 パレードや神輿などが皇居前広場一帯で開催される

第二部は「祝賀式典」17:20〜18:40は祝賀式典会場(皇居前広場)にて開催される

嵐が天皇陛下の即位をお祝いする式典で、お祝いのパフォーマンスをするのは、

第二部の「祝賀式典」17:20〜18:40になります。

第一部の「奉祝まつり」13:45〜16:00は誰でも参加できる。

・第二部の「祝賀式典」17:20〜18:40では、祝賀式典会場(皇居前広場)には入場券がないと入場できないので、一般の方は、その式典会場の周りからその様子を見るしかなさそう。

国民的アイドルが国民の代表として式典に出席することは、ファンはもちろんのこと、全国民にとって喜ばしいことですね。

より、皇族に対しての親近感が湧くのではないでしょうか?

今回は、「式典の時間に入場制限は?嵐が天皇陛下の即位をお祝いする式典に出席」と題して、2019年11月9日(土)に開催される「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」にて、嵐がお祝いのパフォーマンスをするアーティストとして出席する式典の開催時間と入場制限について調査しましたのでご紹介させていただきました。

この記事が少しでも皆さんのお役に立てれれば幸いです。

最後まで読んでくださり有難うございました。

コメント

  1. […] ・天皇陛下即位の祭事に出席することができないローマ法王は、天皇陛下即位のお祝いをする為に、天皇陛下に会見されるのではないかと思われる。 ・東京ドームでのミサは15:30〜17:45を予定しております。 (長崎でのミサは長崎県営野球場にて13:30~15:30で予定) ・キリスト教最大の教派で、全世界で13億1300万人の信徒を擁するローマ・カトリック教会のトップでバチカン市国の元首。 ・現在の(第266代)ローマ法王はフランシスコ。 →→→天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典の案内はこちら […]

  2. […] ・式典の時間に入場制限は?嵐が天皇陛下の即位をお祝いする式典に出席 […]

  3. […] ・式典の時間に入場制限は?嵐が天皇陛下の即位をお祝いする式典に出席 […]

タイトルとURLをコピーしました