バカボン鬼塚の高校や大学は?年収や結婚・家族についても調査!

有名人・有名店

スポンサーリンク



こんにちは!グッチです!

みなさんは、ラジオ放送を聴く機会ってありますでしょうか?

有線放送の代わりにお店の中で流れている場合もありますし、通勤中の車の中、自宅で何かをしながら聴くなど、ラジオ放送を聴くシチュエーションはいくつかあると思います。

そのラジオ放送で、気になっている番組や気になっているラジオパーソナリティもいるかと思います。

「このラジオDJの声、聴いてて気になるなぁ・聴きやすいなぁ・変わっているなぁ」「このラジオパーソナリティのトークすごく面白い!」と思ったことありますよね!

その中で、静岡や関東を中心に活躍されている「バカボン鬼塚」さんという人気ラジオパーソナリティがおります。

既に、名前だけでもインパクトがありますよね!

このバカボン鬼塚さんってどんな方なのでしょうか?

そこで、今回は「バカボン鬼塚の高校や大学は?年収や結婚・家族についても調査!」と題して、バカボン鬼塚さんの高校や大学はどこ?気になる年収や結婚・家族についてを調査しましたのでご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

バカボン鬼塚の高校や大学は?

バカボン鬼塚さんは、元々は活動拠点が東京でしたが、家庭の都合もあり、現在は静岡に活動拠点を移しております。

そんなバカボン鬼塚さんは、静岡県清水市(現:静岡市清水区)の出身です。

地元でも有名な私立高校、東海大学第一高等学校(現:東海大学付属静岡翔洋高等学校を卒業され、大学は東海大学文学部を卒業しております。

大学時代は落語研究会(通称:落研)に所属しており、高座名は「頭下位亭きんぴら(とうかいていきんぴら)」だったそうです。

これは東海大学・落語研究会のOBである春風亭昇太さんにつけて頂いたそうです。

ちなみに春風亭昇太さんは、もう一人に「頭下位亭ごぼう」という高座名をつけたとか。

バカボン鬼塚さんは、メディア関係に興味があったようで、東海大学在学中からメディア関係の仕事をしていました。

東海大学を卒業後、舞台俳優を目指し、劇団青年座研究所で芝居の勉強をしていたそうです。

その後、シャララカンパニーで番組制作(放送作家、ディレクター)をしており、後にしゃべる方に転向したようです。

大学時代から、話し手の経験があったのですね!

どおりで、ラジオでのお話が面白くて上手いわけですね!

ここで、バカボン鬼塚さんの基本情報を紹介させて頂きます。

バカボン鬼塚
本名 鬼塚公仁(オニヅカキミヒト)
生年月日 1963年5月11日
年齢 56歳
出身地 静岡県清水市
血液型 O型
所属事務所 ヘリンボーン
※バカボン鬼塚という名前は、自身の顔がバカボンのパパに似ていることから。

バカボン鬼塚の年収は?

バカボン鬼塚さんのように、地方や関東地域で活動されているラジオパーソナリティの方の年収を元に調査してみました。

現在、バカボン鬼塚さんの担当ラジオは

①Kmix 「K-mix FOOO NIGHT ピンソバ」(月曜~木曜19:00~21:50 パーソナリティ、2017年4月〜) 生放送
②NACK5 「HITS! THE TOWN」(土曜日15:00~17:55 パーソナリティ、1996年10月〜) 生放送
③NACK5 「バカボン鬼塚 ABレコ」(火曜日23:30~24:00 パーソナリティ、2016年10月〜)
④ラジオ日本「ESSPRIDE presents ニッポンの底力 社長チップスRADIO」(木曜日26:00~26:30(翌金曜) ナレーター、2017年9月7日~)

そして、ラジオ番組出演と並行して、テレビ番組やコマーシャルのナレーション、ライブ、イベント出演等も行っています。

ラジオパーソナリティの年収には幅があり、放送局員として勤務している方ですと、年収は300〜800万円と言われています。

芸能事務所に所属している方は、ラジオパーソナリティだけの収入の場合は年間30万円〜500万円程度といわれております。

基本的には、マージンといって番組側からの報酬は所属事務に数%ほど取られますので、自分の手元に入ってくるのは残りの金額となります。

ただし、芸能プロダクションの場合、司会の仕事であったり他の仕事も紹介されるので結果的には年収は200万円〜1000万円以上といった非常に幅が広くなります。

バカボン鬼塚さんは、芸能事務所に所属しており、CMやTVのナレーションも担当されております。

こんな声、どこかで聞いたことはありませんか?

そして、一番有名なのはフジテレビ系列で放送されている「世界の何だコレ!?ミステリー」のナレーションでしょうか。

その他にも音楽活動をしており、ライブ活動もしております。

音楽活動では、かかしYOUNGER GENERATION、B.O.Kといったバンド名で活躍されております。

ちなみにバンドメンバーの中には、キンモクセイ(代表曲:二人のアカボシ)のメンバーもおります。

こんな面白い曲も歌われています。
これらの様々な活動やバカボンさんの実力などを踏まえると

年収は800万円前後になると考えられます。

あくまでも予想値ですが、妥当な金額だと思います。

バカボン鬼塚は結婚している?

バカボン鬼塚さんは、ラジオ内でほとんど家庭の事を話されません。

以前、ラジオ放送内で奥さん絡みの話があったようで、どうやら結婚はされていらっしゃるようです。

最近では、独身という情報も出ておりますので、現在も結婚されているのかは不明です。

バカボン鬼塚の家族は?

お子さんに関しても、いらっしゃるという話はありますが、それ以上の情報は得られませんでした。

バカボン鬼塚さんは、元々は活動拠点が東京でしたが、家庭の都合もあり、現在は静岡に活動拠点を移したという話もありますので、親の介護が必要になった?お子さんの関係?などがあるのかもしれません。

今後、バカボン鬼塚さんの家族の情報が得られましたら更新していきます。

バカボン鬼塚さんについて調査していたところ、面白い情報が得られましたので補足情報として紹介させて頂きます。

バカボン鬼塚さんは、もともと汗かきであり、ラジオ出演中はテンションが上がり、独りで勝手に汗をかいてしまうということで、真冬であっても半袖Tシャツのみを着用していることが多いそうです。そのため冬場に長袖を着ていると周囲の方から風邪などで体調を崩しているのか?本人が耐えられないほどの記録的な寒さなのか?と判断されることがあるそうです。

まとめ

・バカボン鬼塚さんは東海大学第一高等学校(現:東海大学付属静岡翔洋高等学校)を卒業し、大学は東海大学文学部を卒業している。
・バカボン鬼塚さんの年収は800万円前後(あくまでも予想値)
・バカボン鬼塚さんは、結婚しているが、現在も結婚しているのかは不明
・バカボン鬼塚さんは、子供がいるという情報はあるが、それ以上情報は得られず。
・家庭の事情から、活動拠点を静岡に移したことから、家族に何かしらの事情があったことは確か。

バカボン鬼塚さんのラジオは、とても面白く、突然、音が割れるほどのハイテンションなしゃべりをしたり、意味のないフレーズを入れたりして、リスナーの注目を集めております。

ラジオ番組の中でも、1人で話すというより、もう1人のパーソナリティと組むことが多く、その方の良さを引き出すことが非常に上手い方で、それが番組の人気につながっているのだと思います。

今回は「バカボン鬼塚の高校や大学は?年収や結婚・家族についても調査!」と題して、バカボン鬼塚さんの高校や大学はどこ?気になる年収や結婚・家族についてをご紹介させて頂きました。

この記事が、少しでも皆さんのお役に立てれれば幸いです。

最後まで読んで頂き有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました