セイキンのランボルギーニの価格は?ヒカキンと競走したロケ地も!

有名人・有名店

スポンサーリンク



こんにちは!グッチです!

2109年8月10日にYouTuberのセイキンさんが、twitterで新車のランボルギーニを購入したことを発表し、同時に、YouTubeで新車のランボルギーニを購入された動画を公開されました。

セイキンさんのYouTubeの動画では、ヒカキンさんも出演されており、一緒にランボルギーニのレビューをしたり、ペーパードライバーのヒカキンさんが試乗している動画が公開されております。

セイキンさんは、以前より車好きを公言しており、2018年の4月には子供が生まれたこともあり、レクサスを購入されております。

ランボルギーニは超高級スポーツカーで価格も数千万円。

レクサスの価格も1千万円以上はされています。

一方、ヒカキンさんのYouTubeの動画では、セイキンさんの購入したランボルギーニと競走した動画が公開されております。

ヒカキンVSランボルギーニ・アヴェンタドールSEIKINの短距離競走動画は、大変面白い内容になっております。

広い駐車場をロケ地に使用した、セイキンさん、ヒカキンさんのランボルギーニの競走は見ものです。

今回は、「セイキンのランボルギーニの値段は?ヒカキンと競走したロケ地も!」と題して、セイキンさんが新車購入されたランボルギーニの価格と、ヒカキンさんと競走されたロケ地についても調査してみました!

セイキンのランボルギーニの値段は?

YouTubeの動画で、セイキンさんとヒカキンさんの会話の中で、実家の中古の軽トラの百倍はしているという話をされています。

軽トラの中古の平均価格は40〜50万円くらいでしょう。

つまり、その100倍というと4,000万円〜5,000万円くらいはしていると予想されます。

実際に、正規代理店のSKY GROUP様にセイキンさんが購入した、ランボルギーニ・アヴェンタドールSの車両本体価格が乗っておりましたので掲載いたします。

車両本体価格で約4,500万円

ここから様々なオプションを付けていかれるので、実際には5,000万円に近い価格になっているのではないでしょうか!

ランボルギーニは車好きの方なら誰でも知っているイタリアの超高級スポーツカーです。

車のエンブレムは闘牛のマークであり、発売される車の名前も闘牛にちなんだものとなっています。

セイキンさんのYouTube動画では、強かった闘牛の名前から取っていると仰っていました。

より、詳しく調べてみると、セイキンさんが購入した、ランボルギーニ・アヴェンタドールの車名はスペインのサラゴサという闘牛場で、1993年10月から活躍した雄牛の名前から取ったようです。

ランボルギーニは元々、トラックやトラクターの製造販売会社だった

今でこそランボルギーニは超高級スポーツカーのイメージがありますが、元々は、第二次世界大戦後にイタリア国内でトラックが不足しており、軍のトラックを民間人向けに改造して販売したことが始まりです。

その後、トラクターの自社開発を始め、高性能なトラクターであったことから、大ヒットします。

創業者のフェルッチオ・ランボルギーニはスーパーカーの収集が好きで、フェラーリのオーナーになるのですが、当時のフェラーリにはクラッチに問題があり、彼を満足させるものではありませんでした。

使われていたフェラーリのパーツは、自社のトラクターにも使われているパーツと同じであったこともあり、本格的に自社でも自動車の製造販売に着手することになります。

これが、今のランボルギーニの始まりです。

スポンサーリンク

ヒカキンと競走したロケ地は?

セイキンさんのYouTube動画では、ペーパードライバーのヒカキンさんも試乗している動画が公開されていますが、ヒカキンさんのYouTube動画では、ランボルギーニと100m競走をしたり、ヒカキンさんが、ランボルギーニに競走して勝てるまでを公開しております。

動画の中で、駐車場を貸し切って撮影をしている話が出ましたが、ロケ地は公表されておりませんでした。

非常に広い駐車場で、周りには商業施設のような建物も見えています。

アウトレットの駐車場なのかな?など、これだけ広い駐車場ですので、一体どこで撮影されたのか気になりますよね!

ヒカキンさんと競争したロケ地がわかりましたのでご紹介いたします。

引用:ロングウッドステーション公式ホームページ

ヒカキンさんとセイキンさんのランボルギーニが競走したロケ地は、

ロングウッドステーション(TEL:0475-30-7788)

住所は千葉県長生郡長柄町山之郷67-1

という、ロケ地や催し物で利用されることの多い大型施設のようです。

セイキンさん、ヒカキンさんは東京で暮らしている為、車で約1時間ほどの距離にあるようです。

駐車場はなんと、10,000坪!

爆破撮影もOK!だそうです!

これだけ広い駐車場であれば、気持ちよく撮影ができますね。

ちなみに、利用料は1時間あたり30,000円だそうです。

YouTube動画を見ていると、おそらく午前中から夕方までのロケをされていたと予想できますので、7時間近くは借りていたと思われます。

30,000円×7時間=210,000円

くらいはロケの撮影にかかっていると思われます。

まとめ

今回は、「セイキンのランボルギーニの値段は?ヒカキンと競走したロケ地も!」と題して、セイキンさんが新車購入されたランボルギーニの価格と、ヒカキンさんと競走されたロケ地についてご紹介させて頂きました。

セイキンさんという有名YouTuberが超高級スポーツカーである、ランボルギーニ・アヴェンタドール Sを購入して乗られているのには、YouTuberって本当に夢のある職業ですね!

この記事が、皆さんに取って少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

今回は、以上になります。

最後まで、記事を読んでくださり有難うございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました